逗子葉山の老舗スーパー、スズキヤの挑戦は続く!

国内外を問わず、スーパーマーケットに行くのが大好きです。
スーパーマーケットには、その地元ならではのおいしいもの、その地では当たり前でも私にはめずらしいものたちが並んでいるからです。

小さいときから逗子に住み続けている親友に聞いてみました。

私「逗子葉山ならではのスーパーマーケットと言えば、どこかしら?」

親友「庶民的なのがキングストア、センスのよいものを探すときはスズキヤだったなあ。」

キングストアは、10年前に惜しまれつつ閉店。

一方、今なお進化し続けるスズキヤ

親友「そうそう、スズキヤらしい、すごくおいしいものがあるよ。」

私「何々?じゃあ、これから行ってみよう!」

早速、お店に急ぎます。

スズキヤは、地元の強い味方です

創業は1902年、明治時代。
葉山に、外国大使の別荘などが建ち並び、御用邸も造営されたころです。
スズキヤは、食品小売店としてスタートしました。

創業家鈴木一族(だから、スズキヤですね)で代々引き継がれ、中村洋子氏(旧姓鈴木)が現社長です。

逗子葉山を中心に11店舗、他に雑貨店なども広く展開しています。

逗子駅前店(本店)は、JR逗子駅、徒歩約50秒!
通勤通学の帰りにちょこっと寄れる、便利なお店です。

葉山店は、葉山御用邸の目の前にあります。
大型店が少ない葉山では、地元になくてはならない貴重な場。

今日は、駐車場の広い(買い物をすると60分無料)葉山店に向かいました。

お弁当の頂点に立つ!スズキヤ自家製煮豚かつ丼

店内に入ると、奥の惣菜コーナーに「快挙!最優秀賞受賞」と大きな看板。

その下にはかつ丼が。

なんとこちら、かつ丼・カツ重部門最優秀賞を受賞したかつ丼なんだそう。

この最優秀賞、調べてみたら、すごいのです!

全国スーパーマーケット協会なるところでは、毎年「お弁当・お惣菜大賞」を決めています。

弁当・総菜・寿司・麺類・サラダ・スイーツなど11部門で、製造コンセプト、調理法、味付けのこだわり、オリジナリティを競います。

今年度10回目となり、今や日本中のスーパーマーケット・専門店・コンビニエンスストアからの応募総数、なんと4万点超えです。

2019年度、その頂点に立ったのが、スズキヤ自家製煮豚かつ丼なのです。

いろどりがとってもきれい!

自家製のやわらか煮豚にオリジナルパン粉を付けてサクサクに揚げ、そこに甘い味噌だれが。

手間ひまかけても、498円(税抜)!お値段も魅力的です。

ラストはお茶漬けで食べる、キュートなお弁当も最優秀賞です!

そして、親友イチオシのお弁当。

2020年度の最優秀賞、鮭といろどり野菜の茶々のり弁です。

サイコーにかわいいです!

ハート型の鮭に、卵焼き、煮物、揚げ物、きんぴら、煮豆などがぎっしり。

下の段は茶めしののり段々。

これにオリジナルのお吸い物とおいしい食べ方のしおりが付いています。

1. そのまま食べ、好きな具材を残します。

2. お吸い物を振りかけて、熱湯を注ぎます。

3. 付属のスプーンでお茶漬けで食べます。

卵焼きはほんのり甘く、白身と豆腐のふんわり天は絶品。
煮物もしっとり、よいお味。

私は、鮭半分と卵焼きを一つ残し、ほぐしてからお茶漬けにしました。

金時豆はふたに取っておいて、デザートに。

最後の一口まで楽しめ、本当においしい、最優秀賞も納得、の一品でした。

スズキヤは、2013年度から毎年応募、入賞を続けています。
全店で、社員、パートさん全員でアイデアを出し合って臨んでいる結果です。
今年度も9部門で入賞しました。

親友とともに、次なる新作お弁当も楽しみにしています!

スズキヤ葉山店
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2012
アクセス:JR逗子駅発 京浜急行バス葉山行「葉山」下車すぐ
TEL:046-877-5311
営業時間:9:00~21:00
定休日:年中無休