逗子葉山のかき氷まつり~その1~「葉山日の出園甘味処」

逗子葉山には、夏季限定で自慢のかき氷を出すお店がたくさんあるんです。

今回から数回にわたり、この季節ならではの情報をお送りします。

その第1回目は、「葉山日の出園甘味処」。

こちらのお店には、車で、逗子方面から県道24号横須賀逗子線を直進、「葉桜団地入口」右折、坂の上左手です。

店奥に2台分の駐車スペースがあります。

または、JR横須賀線逗子駅、京浜急行逗子・葉山駅からバス「逗18、19、20」乗車、「福祉会館入口」下車、徒歩15分です。

お店の中も外も和のテイストです

狸の置物や味のある看板が、入口で出迎えてくれます。

店内も、純和風。

席からは、美しい緑が眺められます。

現在、感染対策の為、5名以上のグループ利用はできません。

消毒液、間仕切りの設置もばっちり。

安心して、ゆっくり過ごせそうです。

お抹茶で、まずは一服!

まずは、メニューにもある「カジュアル抹茶」を出してくれます。

冷たいお抹茶です。

さすが、お茶屋さんの抹茶、渋みと甘さのバランスが最高です。

すーっと心地よく、汗が引きました。

まずは、定番の「茶そば」をいただきます

定番の「茶そば」(税込605円)は、茶葉がたっぷり練りこまれてきれいな緑色です。

ずるるる。

お茶の香りが鼻から抜けて、さっぱりといただけました。

夏季限定の名物かき氷、「ほうじ茶金時ミルク」を頼みました

今年も6月から、かき氷のメニューがスタートしています。

「葉山日の出園甘味処」名物、「ほうじ茶金時ミルク」(税込825円)をいただきました。

「葉山日の出園」のほうじ茶は、自家焙煎。

店主が、日々店先の焙煎機で挽いています。

地元の方々の人気ナンバーワン、私もお気に入りの一品です。

「ほうじ茶金時」は、そのほうじ茶をたっぷり使ったソースがたまりません。

ふくよかなほうじ茶の香りがして、口の中には苦さと甘さが広がります。

きりっと、おいしいです。

友人は、「宇治金時ミルク」にチャレンジ!

こちらは、「宇治金時ミルク」(税込825円)です。

ソースは、かき氷に一番合う、品質の良い抹茶で濃い目に作っているそう。

そこに、練乳をとろりとかけます。

もう、最高最強の組み合わせ!

今年もこの味をありがとうございます。

9月29日まで!いろいろなかき氷を堪能しよう!

「ほうじ茶金時ミルク」「宇治金時ミルク」の他にも、魅力的なメニューがたくさんです。

めずらしい限定品、「赤紫蘇(あかじそ)」(税込880円)、「THEFIVE☆BEENSコーヒー」(税込880円)、「新茶金時」(税込770円)もあります。

「THEFIVE☆BEENS」は、同じ葉山町のスペシャルティコーヒーショップです。

店主が、世界各地を歩いて仕入れたこだわりのコーヒーを提供してくれています。

「THEFIVE☆BEENSコーヒー」は、そんなお店とコラボしたコーヒーかき氷です。

気になりますが、今日はお腹パンパンです。

またの機会にいただきましょう。

もちろん、懐かしいお味「いちごミルク」「めろんミルク」(税込715円)もあります。

親子でそれぞれの味を楽しむ姿も見られました。

暑い夏、「葉山日の出園甘味処」にお出かけください。

ランチから、かき氷まで、しっかり堪能できます。

かき氷まつり~その2~もお楽しみに!

日の出園甘味処
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄1413-212
アクセス:車の場合)逗子方面から国道24号線直進、葉桜団地入口右折すぐ
    電車の場合)JR逗子駅、京浜急行逗子・葉山駅からバス「逗18、19、20」乗車、福祉会         館入口下車、徒歩15分
電話番号:046-854-4629
営業時間:11:00-18:00(L.O17:00)
定休日:水曜日