湘南台駅を便利に使おう。駅の本屋さん「BOOK BOX BUNKADO」

湘南台駅には3つの路線がとおっています。相鉄線、小田急線、横浜市営地下鉄線です。
「BOOK BOX BUNKADO」は3つ並んだ改札のほぼ中央に位置しています。横浜市営地下鉄改札を出て左、相鉄線、小田急線でしたらそれぞれの改札を出て右に行くと「BOOK BOX BUNKADO」はあります。

朝早くても大丈夫

湘南台からは、どこに行くにも便利なので、その分電車やバスに乗る機会も多くなると思います。その移動中に読書をしてみるというのはいかがでしょうか?営業時間も朝の7:00からなので、朝の情報番組で本のオススメを見てすぐ読みたいと思ったら「BOOK BOX BUNKADO」に立ち寄り本を買ってから電車に乗れます。

ベストセラーはもちろん、注目されている小説、雑誌、資格取得本、旅行の本、コミック、そして子どもども用の図鑑や絵本まで、どの種類の本も揃えてあります。大きくはない店内にギッシリとつまっています。私は本屋さんでポップや本の帯を読むと、その本にとても興味がわくことがありますが、短い紹介文だけで興味をわかせるというのは、なかなかスゴい仕事だと思います。

本だけではないです

「BOOK BOX BUNKADO」には書籍だけではなく雑貨も置いてあります。今ではもう必需品となったマスクですが万が一付け忘れて家を出てしまったら…コンビニエンスストアでも買えますが「BOOK BOX BUNKADO」にはレースのキレイなマスクや「祭」「寿司」などの漢字ロゴが入ったマスク、もちろん鬼滅のデザインマスクもあります。定番化してきたエコバッグもありますが、ペコちゃんをはじめ、かわいいキャラクターエコバッグがたくさん置いてありました。かわいいマスクが種類やデザインも選ぶことができます。こちらも定番化してきましたが、かわいいエコバッグもあります。

猫グッズは注目です

雑貨は猫のものが多かったです。オーナーが猫好きだそうで、それを聞いて猫雑貨の多さに納得。内容も某有名雑貨店で見たものと同じで、オーナーの趣味のよさに「山田く〜ん、座布団もって来て!」という感じでした。

読書の秋ならぬ、読書の梅雨

読書の秋といわれるようになった背景には気候などが関係しているそうです。「涼しくなり夜が長くなった秋には読書をするのには最適だ」という中国の詩人の言葉からきてるそうですが、それならば私は「読書の梅雨」もいいのではないかと思いました。この時期に雨が多いとさらにおうち時間が増えることと思いますが、そんな時だからこそ「読書の梅雨」をオススメします。

この写真は横浜市営地下鉄の改札側から撮った写真ですが、ここを200m程行った先の左側に「BOOK BOX BUNKADO」があります。その先に小田急線、相鉄線の改札があります。

「BOOK BOX BUNKADO」では気になった本を注文して店頭で受け取れます。これは私個人の意見ですが、藤沢市はゴミの仕分けが細かい市だと思います。なのでなるべくゴミを出したくありません。ネットでオーダーすると本一冊のために配送に使われる箱やビニールが多いこともあるので、オーダーした本だけを通勤や通学で使う駅で受け取れるのはうれしいです。

スマホや電子書籍の普及で紙の本が少なくなっている話はよく聞きますが、まだまだ紙の本のファンはたくさんいます。あまり読書をしない人も、今週末は雨でどこも行けないな、と思った時は、「BOOK BOX BUNKADO」に寄って本を一冊購入して、雨の週末は読書をしてはどうでしょうか?

BOOK BOX BUNKADO
住所 : 小田急江ノ島線・相模鉄道いずみ野線・横浜市営地下鉄ブルーライン 湘南台駅(相鉄線、小田急線、横浜市営地下鉄線)
電話 : 0466-42-1077
営業時間 : 平日 7:00〜21:00
   土曜 7:00〜20:00 
     日・祝 8:00〜19:00

エリア&駅

神奈川県 藤沢市 湘南台 小田急江ノ島線 湘南台