あの芦名ベーカリー芦兵衛の新店舗が逗子にオープン!「鬼助ベニエ」

最近、行列のできるお店が続々とオープンし、逗子のメインストリート、銀座通り商店街はますます活気づいてきています。

話題の新店舗「鬼助ベニエ」もそんなお店のひとつ。

開店前から人が並び、あっという間に売り切れてしまうので、午後から出かける人たちからは「まぼろし〜」と言われているとか、いないとか?

私はこのお店の前を通るたびせっせと列に並び、パンやスイーツを買っている鬼助ファンのひとり。

今回は早くも逗子の人気店のひとつになりつつある「鬼助ベニエ」をご紹介します!

芦名ベーカリー 芦兵衛のパンが逗子で買える!

JR逗子駅から海の方に伸びている逗子銀座商店街を歩いて行くと、交差点より少し手前の左側にお店があります。

深い緑色の木枠の窓と木のドアに、かわいい鬼の子のイラストが書かれているのが目印。

お店の正式名称は「kisuke beignet by ashina bakery」。

「kisuke beignet」はキスケベニエと読み、お店の張り紙には「鬼助ベニエ」と書いてあります。

そして「ashina bakery」は、国道134号線で葉山から横須賀方面に行く途中の芦名にある「芦名ベーカリー 芦兵衛」のこと。

こちらのお店は2013年にオープンし、グルメサイト「食べログ」の「パン(EAST)百名店」にも選ばれ、遠くからパンを買いに来るお客さんが絶えないという人気店。

そのお店の別店舗として、今年2月に逗子にオープンした「鬼助ベニエ」。

もともとの「芦名ベーカリー」ファンはもちろん、新たなお客さんも増えて、連日オープン前から行列ができています。

お店の中にはイートインスペースも。

和歌山県の森川珈琲の豆を使ったコーヒーやラテ、100%ストレートのジュースなどをパンと一緒にいただくこともできます。

北海道産の牛乳を使った濃厚ソフトクリームもありますので、お買い物の途中にちょっとひと休みするのもいいかも。

オープンは10時30分で、商品がなくなり次第閉店とのことですが、だいたい2時くらいには売り切れてしまうそうなので、お出かけの際はお早めに!

モッチモチの食感!絶品ベニエ

「鬼助ベニエ」 のベニエとは、フランス語で「生地を油で揚げたペストリー」という意味。

アメリカではニューオーリンズ発祥の四角い揚げドーナツとして知られています。

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の中で、主人公の男性シェフが紙袋に入ったベニエを息子と一緒に食べながら歩くシーンがあるのですが、「芦名ベーカリー 芦兵衛」の店主がこの映画を見て、ベニエを作りたい!と思ったのだとか。

こちらのお店では卵は使わず、タピオカ粉を使用。
生地を一晩寝かせて揚げるのだそうです。

なので揚げたてはもちろん、冷めてももちもちでおいしい!

レンジで5秒ほど温めるとまた違った食感になるそうですが、我が家ではレンジで温める暇もなく、それぞれの胃の中へと消えていきます…。

味は粉糖シュガー、きなこ、シナモンシュガーのほか、日によって違うフレーバーも登場するそうです。

イチオシ!アップルパイ

現在は店頭に、ベニエのほか特製カレーパンやウインナーフリトゥーラなどの揚げパン、熊本産の小麦を使った食パン、メロンパンやクリームパンなどが並んでいます。

またマフィンやスコーン、タルトなどのデニッシュ、クッキーやサブレ、ラスク、オレンジケーキなどの焼き菓子なども。

そして私のイチオシはアップルパイ!

こちらは紙製の箱に入っていて、早い時間に買うと箱がまだホンワリとあたたか。

中のりんごは青森産のふじを使用、外側のパイ生地は27層にもなるのだそう。

外のパイの部分はサックサクでパリパリ、中のりんごはシャキシャキ感が残りつつも柔らかでジューシー、程よい酸味もありちょうどいい甘さです。

我が家ではこのアップルパイをトースターで表面が少し色付くくらいまで温めて、バニラアイスを添えるのが定番になっています。

3、4人でいただけるくらいの大きさなのに730円とお値段もリーズナブル。箱入りなので、ちょっとした手土産にしても喜ばれると思います。

ひとつひとつ丁寧に作られたパン

今日、買ってきたのはベニエとクリームチーズレーズン、そして田舎風 里のあんぱんです。

あんぱんの生地にはシリアルと黒胡麻が混ぜてあるそうで、とっても香ばしい!中には粒あんと金時豆が入っていました。

ひとつひとつのパンが丁寧に作られているのが伝わってきます。

しかも値段がお手頃なのもうれしい!

現在は木・金・土・日のみの営業ですが、これから増やしていく予定なのだとか。

逗子に遊びにきた時はぜひ立ち寄ってみてください!

kisuke beignet by ashina bakery(鬼助ベニエ)

住所:神奈川県逗子市逗子5-3-33
アクセス:JR横須賀線逗子駅より徒歩5分
     京急線逗子・葉山駅より徒歩5分
TEL:080-7539-8848
時間:10:30-なくなり次第閉店
営業日:木・金・土・日

※定休日や営業時間などが変更される場合もありますので、訪問される際には事前に確認してください。