絶品パンと癒し空間!鎌倉の「パンとエスプレッソと由比ヶ浜商店」

dav

鎌倉の由比ヶ浜大通り沿いに、この夏ステキなパン屋さんがオープンしました。

その店舗は元々「由比ヶ浜商店」という、コンビニのようにお酒やタバコを販売するお店だったそうです。
それが今年の8月、道行く人が振り返るような、オシャレな店構えのパン屋さんに変身したのです!

今年注目のニューフェイス、「パンとエスプレッソと由比ヶ浜商店」をご紹介します。

正午ごろがねらい目!絶品パンの数々

鎌倉駅から長谷方面に向かって由比ヶ浜大通りを歩いていくと、通りに面して大きなガラス扉の立派な店構えが姿を現します。

扉の横には昔懐かしい「たばこ」の看板がそのまま残っています。
以前の商店の時の名残を、そのまま残しているのだそうです。

店の前にある赤いポストも、昔懐かしい風情をかもし出していますね。

重厚な造りのガラス扉を開けて、店内に入ります。

入ってすぐに、美しく焼き上げられたパンの数々が目に飛び込んできます。
見ているだけで幸せになる光景です。

正午前の時間帯は数多くのパンが並ぶそうなので、この時間を狙って行くのがオススメです。

中でも、デニッシュ生地の上にフルーツやクリームなどが乗ったスイーツパンは、特に焼き立てがオススメなのだそうです。
いつも正午ごろにできあがるそうですよ。

見た目もとってもかわいらしいですね。見るだけでも楽しめます。

イートインもできる!くつろぎの癒し空間

店内には2人席が4つ並んでいて、落ち着いたジャズのBGMが流れ、ゆったりとした時間を過ごせそうな雰囲気です。

昔の商店の構造を生かした店内には、落ち着いた色合いの木の梁や柱がどっしりと存在していました。
それにマッチした観葉植物がそこかしこに飾られていて、癒しの空間となっています。

居心地が良すぎて、ずっとここにいたくなるような感覚になりました。

店内奥のガラス扉を出ると、外には立派なテラス席もあります。

木の柱に囲まれていて、中には大きな観葉植物が植えられています。
とても気持ちよく過ごせそうな、開放的な空間です。

テラス席は2~3人席が多いですが、最大で6人席まであります。

テラス席のすぐ横には、小さな祠がありました。
モダンなデザインの鳥居が、なんだかオシャレでお店の雰囲気にマッチしています。
新旧の良さが絶妙に調和した雰囲気です。

また、店内の片隅にはタバコ売り場もありました。

昔の商店時代の名残で、表に「たばこ」の看板を残しているため、たばこの販売も始めたのだそうです。

昔の商店時代の雰囲気を大切にしていることが伝わり、なんだかほっこりした気持ちになりました。

洗練された味が絶品!芸術的なしらすトースト

私はランチの時間帯に訪れたので、店員さんオススメのしらすトーストのランチプレートを注文しました。

運ばれてきたしらすトーストは、一般的なしらすトーストとは全然違います!

まず立体感がすごいです。
分厚い食パンの上にしらすがてんこ盛りになっていて、その上にパリパリに焼かれたチーズがオブジェのように美しく飾られています。
もはや芸術品のようです。

パンの食感はフワフワかつもっちりとしていて、高級な食パン特有のほんのりした甘さが口いっぱいに広がります。
パンだけでもコーヒーが進む、大満足なお味です。

しらすの下にはなめらかなクリームがたっぷりと塗ってあり、その下の大葉とよく合います。

パリパリのチーズには、よく見るとしらすが混ざっています。
香ばしくて絶妙に深い味わいです。

見た目も味も、芸術品のような一品でした。
食べ終えると心も深く満たされて、思わず深呼吸してしまいました。

このお店は、古き良き商店のおもむきを大切に保存して生かしているので、その気持ちが伝わってきてなんだか温かく感じるのです。

おいしい料理やオシャレな空間、そして古いものを大切にする優しい心意気、それら全てが一体となって、癒し尽くされるような、そんな空間になっています。

みなさんも、そんな究極の癒し体験をしに、パンとエスプレッソと由比ヶ浜商店へ、ぜひ一度お立ち寄りください。

パンとエスプレッソと由比ヶ浜商店
住所:神奈川県鎌倉市由比ヶ浜1-10-5
アクセス:JR横須賀線・湘南新宿ライン「鎌倉駅」東口から徒歩5分
営業時間:8:00-19:00
電話番号:0467-73-8755
定休日:水曜日