“葉山風の姿”、私たちのお気に入りは「カレーせいろ」

いきなりの「カレーせいろ」(1,660円税込)。

私と友人お気に入りのお店“葉山風の姿”イチオシメニューです。

二八そば、細目、スープと別仕立て、つけ麺風にいただきます。

スープは、クリーミーでかつおぶし粉がかかっています。

ラストは飲み干さないともったいないおいしさです。

右の丸いものは、ライスコロッケ。

私は、これを食べて自作までするようになりました。

大好きです!友人は、スープにつけながらいただくそうですよ。

おしゃれな店内、本格派の手打ちそば専門店です

本日のお店、“葉山風の姿”は、逗葉新道を出て国道217号線に左折、横須賀葉山線左折し5分ほど直進、右手にあります。

お店前に7台ほどの駐車スペースあり。

バスなら、JR逗子駅、京浜急行葉山線逗子・葉山駅より「逗15」衣笠駅行き乗車、「大    楠登山口」下車、徒歩1分です。

お店入口は、ご覧の通り。

黄色い壁に、木の梁、おしゃれなカウンター、和の感じはありません。

ですが、れっきとした、本格手打ちそばの名店“葉山風の姿”です。

感染症対策もバッチリ、消毒液が置かれ、仕切りのアクリル板も設けられています。

また、「お子様が店内で動き回るのをご注意されない」「酔って大声を出す」方への注意書きもさりげなく貼られていて。

このご時世、お昼時に、一人で気持ちよく行けるお店のひとつなのです。

定番はもちろん、季節ごとのメニューも魅力的です

定番の「せいろ」(850円税込)、「季節のかき揚げ天せいろ」(1,560円税込)、うどんや丼ものももちろんあります。

天ぷらは、サクサクでいくらでも食べられそう。

天ぷらだけ頼んで、ランチ時間から飲まれている方もいました。

そばは、そば粉8割つなぎ2割、粗びきの手打ちです。

そば粉は、産地をいつもきちんと教えてくださいます。

本日は、会津産でした。

細目に仕上がったそばののど越しは、もう最高です。

季節によって、冬場は「鍋焼きうどん」(今年は3月末で終了)、初夏には「はもの天ぷら」「すだちかけそば」も出ます。

かわいい手書き風メニューが季節ごとに変わるので、参考に選ぶのも楽しいです。

創作メニューも斬新かつ美味です!

創作メニューもあって、メニュー決めに悩みます。

「ふわふわトマトのカレーうどん」(1,280円税込)

もはや、イタリアンですよね。

ごまとねぎが添えてあることが不思議なくらい。

名前の通り、ふわっふわにホイップされたトマトソースがのっています。

カレーソースとよく絡んでおいしい、おいしいです。

いつもの「カレーせいろ」とはまた違う、さわやかなお味です。

基本のそばが確立されているから、遊び心?で応用していても安定のおいしさです。

こんなハイレベルな創作メニューは、他では見たことありません。

カウンターの瓶、蕎麦屋の日本酒も気になります

“葉山風の姿”、お昼時もお客さんの年齢層が若干高め。

夜には、ゆっくりお酒を楽しむおとなの方も多いそうです。

そばに合う、こだわりの日本酒が揃っています。

「会津娘」は、会津産そば粉と相性バッチリですね(520円税込)。

「鷹勇」は、鳥取大山の大自然のもとでできた辛口、そばに合うそうです(720円税込)。

緑川(新潟魚沼)、雪中梅(新潟上越)などもおすすめ、とのこと(ともに620円税込)。

ビールや焼酎、ソフトドリンクも揃っています。

コロナ禍が過ぎたら、友人と一緒に天ぷらと日本酒、に挑戦しようと思っています。

それまでは、また一人でぶらりと食べに行きます。

ホンモノのおそばが食べたい方、是非とも一度訪れてみてください。

葉山風の姿
住所:神奈川県三浦郡葉山町木古庭1567
アクセス:車の場合)逗葉新道を出て国道217号線に左折、横須賀葉山線左折し5分ほど直進、          右手
    バスの場合)JR逗子駅、京浜急行葉山線逗子・葉山駅より「逗15」衣笠駅行き乗車、「大          楠登山口」下車、徒歩1分
電話番号:046-878-7114
営業時間:11:30~15:00(LO:14:30)
17:00~21:00(LO:20:00)
定休日:火曜日(祝日にあたる場合は翌日)、第1月曜日(祝日および12月は営業)