藤沢にある一度聞いたら忘れられない!高級食パン店「君は食パンなんて食べない」

最近、見かけることが多くなった「高級食パン」ですが、
藤沢駅にも2019年10月ごろ、高級食パン屋さんができました。
ずっと気になりつつも路面店のため、お店ができた当初は行列がすごく、
「朝一番で行き、整理券をもらわないといけないらしい!」なんていう噂を聞いて、
なかなか行く勇気が出ないまま1年ほど経過してしまいました。
さすがにもう、一気に人が集中してしまうほどの様子はなかったため、
ついに購入してみることに。

店名だけじゃない!ついつい食べてみたくなる食パンのネーミング!

藤沢駅の北口から歩いてすぐのところにあるお店「君は食パンなんて食べない」。
この名前を一度聞いただけで、興味を惹かれてしまいますよね。
「食パンのお店なのに、食パンを食べない…?」と、不思議な名前のお店に
みんなついつい買ってみたくなってしまうものです。
外観は目を引くピンクで、受け渡しの窓口とショーケースだけのシンプルな店構え。

お店の前にある看板には、シンプルに3種類のメニューが書かれていました。

定番のプレーンは、これもまたネーミングセンスのある「shockパン」。
「食べたときに思わずshock(ショック)を受けるほど美味しい!」という意味で
つけられた名前だそうです。

原料にこだわりぬいた食パン。一番人気のレーズン入りは、お昼過ぎには完売⁉

小麦粉は、独自の製粉方法を採用し、きめ細かでサラサラした状態に仕上げることで、
くちどけの良い食パンに。
口に入れた時にほんのり甘さをだす生クリームは
添加物を一切使用していない、フレッシュなものを使用し、国産バターが加わることで、
柔らかなくちどけと芳醇なコクをプラスしてくれるといいます。
さらに、アクセントの塩には、南米・ボリビア産のピンク岩塩を使い、
まろやかな深みを感じられるとか。

このshockパンに甘酸っぱいレーズンが入ったのが、「エクスタシー」。
「食べた人にエクスタシー(快感)を与えるパン」という意味だそうです。
一番人気のようで、私が行った14時頃にはすでに売り切れでした…
最後に、最近販売しはじめたという「しあわせチョコっとパン」。
こちらは名前の通り食べると幸せになる、ビターチョコが練りこまれたパンで、
まるでケーキのような満足感が得られるといいます。
チョコ好きの私としては、お店の前でプレーンかチョコどちらにしようか悩みましたが、
初めてなのでやはりプレーンから食べてみることに。
1斤864円の高級食パンを受け取るとずっしりと重く、ほんのりと温かさが伝わりました。
温かいうちに早く食べたくて、足早に帰宅。

どこで買い物したか一目瞭然!斬新なデザインの紙袋

帰ってきてまず、見てしまうのがこの紙袋。

なかなかインパクトのある見た目です。
このイラストは、「君は食パンなんて食べない」をプロデュースした
神奈川県内でパンパティを何店舗も経営する大泉裕一さんと、
ジャパンベーカリーマーケティングの岸本拓也さんを描いたものだそう。
パン業界では有名だという2人の顔を紙袋にするとは斬新ですよね。
さらに側面には、「食べればわかるさ」の文字。

どこで買ったか一目でわかる、印象にのこるデザインです。

名前のとおりshock(ショック)をうける美味しさ!食べ方は、「焼かずにそのまま」がおすすめ

そしてついに、開封して実食。

まだ、ほんのり温かいうちに食べることができました。
高級食パンは、トーストせずにそのまま食べるのが一番おいしいと聞いたので、
焼かずにいただくと、パンの耳があるのに全体的にふわっふわで、甘さが口に広がり
噛む力がいらないから、ぱくぱくと一枚をあっという間に食べれてしまいます。
確かに、普通の食パンとは違うショックを受け、
この味を知ったら、普通の食パンを食べられなくなってしまいそう…
1斤もあるので、切って1枚ずつ冷凍すると、解凍した時に焼きたてのような
ふわふわ食感が戻ると教えていただき、丁寧に包んで冷凍しました。
毎朝の楽しみがしばらく続きそうです。
みなさんも藤沢に来た際はぜひ、高級shockパンを購入してみてください。

高級食パン専門店 「君は食パンなんて食べない」
住所: 神奈川県藤沢市藤沢462
アクセス:藤沢駅北口より徒歩3分
TEL: 0466-54-9577
営業時間: 10:00~18:00 ※パンが無くなり次第終了
定休日: 無休