2021年2月オープン! サステイナブルを体現する鎌倉の蕎麦屋「SLOVE」

お蕎麦、おうどん、ラーメン、皆さんはどんな麺がお好きですか?
食いしん坊の私めは断然お蕎麦派。いや、うどんもラーメンも大好きですが、蕎麦のあの豊かな香りや歯ごたえ、やっぱりたまりませんよねぇ〜(結局、全部好きなんかい! というツッコミ、ごもっともです)。

ということで、本日は散歩の途中に偶然出会った、2021年2月にオープンの出来立てホヤホヤ、とってもおしゃれなお蕎麦屋さんをご紹介! それがこちら、由比ガ浜大通り沿いにある「SLOVE(スローブ)」さんです。

このまるでカフェのような外観から「ここがホントに蕎麦屋さん?」と思った方もきっといらっしゃるかもしれませんね〜。何しろ私も、早朝散歩中にこちらのお店を見かけた時は、近づくまでお蕎麦屋さんだとまったく気づきませんでした(苦笑)。

まだ開店前のお店の中をキョロキョロジロジロ。怪しさ満載で外から覗き込んでみると、古材を使ったテーブル席がいくつか並び、奥にはお座敷が見えます。

天井にはかわいいライトやグリーンがバランスよくディスプレイされていて、う〜ん、どう見てもお蕎麦屋さんには見えない。
いったいどんなお店なのか気になった私は、ランチ時に再び由比ガ浜大通りへ向かい、「こんにちはー!お店を紹介させてくださーい!」と元気よく飛び込んでみたのでした(笑)。

“サスティナブル”なお蕎麦屋さん? その理由は……

その日いらしたスタッフさんは、なんともイケメンなお二人。
お話を伺ってみると、こちらの「SLOVE」という店名は、「Slow(ゆっくり)」と「Move(動く)」を合わせた造語だそうで、「ゆっくりと、でも確実に進み続ける」という意味が込められているのだとか。

インテリアは、以前この場所で営業していたお店のものを再利用したり、建材などは古材をアップサイクルしたりと、なんともエコ。

店内の至るところにグリーンを飾り、訪れた人がリラックスして過ごせるように工夫しているのだそうです。

また、店には生ゴミなどを堆肥に変える「コンポスト」を設置。調理中に出た野菜くずや食べ残しを廃棄せず、このコンポストに入れて土にかえすようにしているのだとか。

さすがは現代のお蕎麦屋さん。コンセプトも今時で超クールです!

事前にお店のことを少し調べていた私は、思わず「ああ、だからサスティナブルなんですね!」と言うと、オーナーさんは恥ずかしそうに「いやいや、あれは僕らが言っているわけじゃないので〜…」と苦笑い。

地球や環境のことをちゃーんと考えているけど、改めて「やってるね〜」と人から言われたら恥ずかしい。そんなお気持ち、なんとなく分かります、ハイ。とっても真面目で良い方々だなぁと、スタッフの皆さんの人柄の良さを感じました!

みんなでフードロスを減らして、自然環境にもっと優しい世界へ

というわけで、環境に、人に、とことん優しいお蕎麦屋さんですから、食べるほうだって残すわけにはまいりません!(ま、残しませんけれども……笑)

この日私は、もりそばと季節のお野菜の天ぷらがセットになったランチを注文させていただいたのですが、もちろん丁寧に味わって、残さずペロリと完食いたしました。大地からいただいた恵みを大切に、みんなでフードロスを少しでも減らしていきたいですね!

メニューにもこだわる「SLOVE」さん。蕎麦粉100%の香り高い十割蕎麦に、自らの足で探し、味わい、「これぞ!」と厳選したお野菜を使った天ぷらもサックサクで最高においしい! 歯ごたえのある蕎麦や、濃いめの蕎麦つゆとも相性抜群でクセになりそうです。

ちなみに、ランチセットについてくる、わさびとお塩でいただくごま豆腐も風味豊かでおいしいですよ!

今時の感性がキラリと光る、由比ガ浜のニュースポット「SLOVE」。気になる方はぜひ一度足を運んでみてください! 自然が好きで、鎌倉が好きで、お蕎麦が好きなら、きっと気に入っていただけると思います。

SLOVE
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-9-47
アクセス:江ノ島電鉄「由比ヶ浜」駅・「和田塚」駅より徒歩5分
TEL:0467-37-3322
営業時間:火水木金:11:30〜14:00、16:30〜21:00、土日祝11:30〜21:00
定休日:月曜日