京急逗子葉山駅ちかくの清水橋バルで牛肉まつり!

 
おうち料理は、ほとんど和食の我が家。

たまに、どーんとお肉が食べたくなります。

そんな気持ちを昼でも夜でも満たしてくれるお店を見つけました。

ステキな外装、見えそうで見えない店内。

実は、通るたびに気になっていました。

京急逗子葉山駅北口を出て、すぐ左手に京急線踏切があります。
そこを渡ってすぐ右手、駅近1分の「炭火焼×ワイン 清水橋バル」です。

さっそく入ってみましょう。

イケメン店主が早くも夜の部仕込み中です

白い壁にがっしりした木の柱とテーブル。

使い込まれたテーブルの傷がまたいい感じです。

1階はこのテーブルカウンターで10席、2階が4テーブル、こぢんまりまとまっています。
また、一年中使えるようにストーブ完備のテラス席も。

左手、端の方が店主。
カメラを構えると、どんどん端っこに。
黙々と作業を続けられるので、はじめは怖い人かと思いました。
実は、シャイで優しい方でした。

炭火で焼いた本格的なステーキをお昼から

お昼のメニュー、どれもおいしそうです。

店主イチオシの、自家製ローストビーフ(1,740円 税込み)は国産牛を使った本格派。

牛肩ロースステーキ(1,540円 税込み)、こちらはUSプライムの赤身。
赤身肉はヘルシーなので、がっつり食べても安心ですね。

他のランチメニューも全て一番相性のいいオリジナルソースがかかっています。

どれも店主のこだわりソースです。

ランチは全てサラダ・ごはん付き。

自慢のソースはごはんにも合うそうなので、ごはん大盛り無料はうれしいですね。

お昼から飲める日には、こちら。

カメノコウ、友三角なんて一体どこの部位なんでしょう。

断面が亀の甲羅ににているので、カメノコウ、赤身の希少部位だそう。

友三角は、牛もも内側をカッティングした三角の部位。
こちらもなかなかお目にかかれない、赤身とサシのバランスがすばらしい一品です。

ちょっとずつ全部盛り、お得な串盛り合わせにワイン、サイコーだなぁ。

なんて思っていたら、まさにそんな贅沢なご注文が入りました。

炭火の素晴らしい香りが店内に漂います。

次回は絶対、この組み合わせに挑戦したいです。

お持ち帰りメニューにはお惣菜もあります

テイクアウトも充実しています。

メニュー表を見ただけで、おいしさが伝わってくるようです。

自慢のローストビーフは、そのままお弁当(1,300円 税込み)にもあります。

「夜の部〆ごはん」で提供されているメニューも。

バルのオムライス(800円 税込み)、ジャンバラヤ(900円 税込み)などなど。
こちらは、全て大盛り+200円です。

また、お惣菜としてメンチカツ、煮込みハンバーグ、ローストビーフ、スモークベーコンも。
ちょっと1品、肉料理が欲しいな、というときにも応えてくれます。

子市生活支援サービス、コミュニティデリバリーで、お店に行けない方にも対応しています。
商品代金の他に、配達料400円がかかります。10:00-21:00(L.O20:30)の時間帯に配達してくれます。

こちらは専用電話番号(050-5357-7764)でお申込みください。

逗子市ならではの取り組みに、「炭火焼×ワイン 清水橋バル」は賛同。

ご高齢の方々にも、ボリュームたっぷりな肉料理がいつでも届けられます。

この看板、とっても気に入りました。

旧姓に「清」が付くので、このまま実家に飾りたい。
ポッと灯りをともしていただきました。

駅チカなのに、ひっそり寄りたい隠れ家的なお店です。

これから、行きつけになりそうです。

炭火焼×ワイン 清水橋バル
住所:神奈川県逗子市逗子5-14-1
アクセス:JR横須賀線・湘南新宿ライン 逗子駅東口徒歩5分
     京浜急行逗子線 逗子葉山駅・北口より徒歩1分
電話番号:046-876-5190
営業時間:土日祝日 11:30-24:00 (L.O23:00)
     月~金   ランチ 11:30-14:00
          ディナー17:00-24:00(L.O23:00)
    ※感染症対策の為、時短営業中、詳細はHP参照
定休日:なし
    ※年末年始(12/31-1/3)、年内最終日30日営業終了時刻は表記より早まる場合あり