7月20日オープン!湘南台駅の「DONQ EDITER」

用事があり、小田急の湘南台駅を降りると、「HOKUO」があった場所に新しいパン屋さんが開店していました。

お客さんも多く、なにやらにぎわっている様子。

少し時間を置いて、入れそうなタイミングで入店してきました!

雨の日もうれしい駅直結型!老舗のベーカリーによる複合型パン屋さん

湘南台駅の改札を右に出て、セブンイレブンの隣に位置するのが、「DONQ EDITER(ドンクエディテ) 小田急湘南台店」。

改札を出てから徒歩30秒~1分ほどの場所にあり、駅ナカなので、雨の日でも傘をささずに行けますよ。

「DONQ(ドンク)」は、1905年から開店している老舗のベーカリー。

その「DONQ(ドンク)」が、フランス語で「編集」を意味する「EDITER(エディテ)」を合わせ、編集型店舗「DONQ EDITER(ドンクエディテ)」を作りました。

編集型店舗とは、定番商品はもちろんのこと、人気商品や季節限定商品、地域のお客さまにあわせた商品などを豊富に取りそろえる店舗。

「DONQ(ドンク)」のパンだけでなく、ミニクロワッサンが有名なグループブランド「mini one(ミニワン)」のパンも、ここで購入が可能です。

2022年7月20日オープン!明るく清潔感のある店舗

「DONQ EDITER(ドンクエディテ)」は、小田急線の駅にあり、全部で7店舗を構えています。

今回訪れた小田急湘南台店は、今年の7月20日にオープンしたばかり!

明るい照明と清潔感のある店舗は、居心地のよい雰囲気。

「DONQ(ドンク)」の定番である、「バゲット」や「パン・ド・ミ」などのフランスパンがずらりと並んでいました。

ほかにも、「こだわりメロンパン」や「クリームパン」などの菓子パンや、「枝豆とベーコン」、「クロワッサンハムチーズ」などの総菜パンもたくさん!

店舗が広いので、パン屋さんでよくある「すれ違いざまにほかのお客さんとぶつかってしまう…」という心配がありません。

種類豊富なパンに目を取られ、思わず何分も滞在してしまいました(笑)。

ずっしりとした重み!銘パンコレクションに選ばれた一品

そんなずらりとパンが並ぶなか、今回購入したのは、こちらの「バター香る五郎島金時」。

ドンク117周年創業祭として、全国各地の店舗から人気の商品を集めた銘パンコレクションを開催しています。

「バター香る五郎島金時」は、石川県金沢店で開発された一品。

ホクホクの五郎島金時が入っており、やさしい甘さが口いっぱいに広がります。

噛むほどにバターの塩気も感じ、甘じょっぱさがクセになりそう!

香りもよく、上品な味わいでした。

お次は、「りんごとクルミのメープル仕立て」です。

こちらは通常メニューのため、いつでも購入が可能。

トングで掴んだ瞬間ずっしりと重みを感じ、食べるのを楽しみにしていました…!

甘いりんごと、香ばしくローストされたクルミがたっぷり入っていて、ボリューム満点。

生地にはメープルが練り込まれているので、コクのある味わいです。

りんごのほどよい酸味もいいアクセントになっていました。

この日は食べられなかったミニクロワッサンも、次はぜひ食べたいと思います!

アクセスもいいので、気になる方は足を運んでみてくださいね。

DONQ EDITER(ドンクエディテ) 小田急湘南台店
住所:神奈川県藤沢市湘南台2-15 小田急マルシェ湘南台
アクセス:小田急線湘南台駅から徒歩1分
電話番号:0466-45-7011
営業時間:平日7:00~21:00 土・日・祝日8:00~20:00
定休日:無休(施設に準ずる)