うどん屋さんなのに?驚きのボリューム!地元に愛される藤沢名物「バラ丼」

先日、年末年始の買い出しで、藤沢駅に旦那さんと出かけた際、
ちょうどランチの時間になったので、どこかでご飯を食べる事にしました。
駅周辺は、人が多く混んでいたので、
少し駅から外れた藤沢の名物が食べられるお店に行くことに。
決めたお店の名前は「里のうどん」という、うどん屋さん。

中に入ってみると、カウンター席とテーブル席が並ぶ、よくあるうどん屋さんです。

ですが、このお店、地元の人には「バラ丼のお店」と、呼ばれています。
なぜかというと、うどんとセットもしくは単品で食べることのできる
あつあつご飯に、キャベツの千切りと甘辛く味付けした豚バラ肉がのった
「バラ丼」が美味しくてとても人気だからです。

食べ応え抜群の定番メニューはバラ丼セット!

もちろん、うどんも種類が豊富で、定番のたぬきうどん、きつねうどんから
カレーうどん、肉あんかけうどん など、様々なメニューがありますが、
やっぱり来たからにはバラ丼もうどんも食べたいということで
バラ丼セットを注文することに。
オーダーの時に注意したいのが、量の多さ。
以前、何も知らずにバラ丼セットの通常サイズを注文し、
私の感覚だと、セットサイズということで小さめのうどんと小さめのバラ丼が
運ばれてくる予定でした。
ですが、実際に運ばれてきたのは、
ミニといいながらも食べ応えのあるサイズうどんと、大きめのバラ丼。
よく食べる私でもなかなかの多さに苦戦した記憶が…
その経験を踏まえて今回は「小バラ丼セット」を注文しました。
ただ、通常サイズは、その多さで923円+税なので、
お腹いっぱい食べたい人にとってはとてもお得だと思います。
そして、運ばれてきた小サイズのバラ丼と温かいミニきつねうどん。

セットのうどんは、たぬきかきつねの温か冷から選ぶことができます。
やっぱり、小サイズにしては大きいバラ丼。
これだけでも食べ応え十分ありそうですが、
さらに、大きなマヨネーズを渡されます。

好きなだけかけて、食べる味は最高。
豚肉が分厚すぎず、絶妙な厚さで食べやすく、濃いめの甘辛たれが
下のキャベツとご飯にもよく合います。
そこにマヨネーズが入ることでまろやかさが増して、とっても美味しかったです。
きつねうどんも、お出汁がほっとする味。
こしが強い麺というよりは、モチモチとした麺でとても食べやすかったです。
うどんも美味しいけれど、
バラ丼の印象が強くてみんなが「バラ丼のお店」と言ってしまうのもわかりますよね。

何度も食べたくなる味を自宅で再現

実は、このバラ丼がお家でも簡単に楽しめちゃうアイテムが販売されていました。

豚バラ肉を炒めて、絡めれば簡単にお店の味が再現できてしまう「バラ丼のタレ」。
このタレは、バラ丼だけでなく、
照り焼きや筑前煮などにもつかえる万能調味料だそうで、
里のうどんのインスタグラムで、いろいろな活用レシピをアップしているようです。
思わず帰りがけに買ってしまいそうになりましたが、
荷物が多かったので今回は断念しました…

地元に愛される味をいつまでも。

昨年の緊急事態宣言の際に、経営が厳しい状態になり、
何店舗か閉店したこともあったといいますが、クラウドファンディングで
800万円ほどの資金が集まるくらい、地元に愛されているお店。
みんなの大好きな味が、この先も変わらずに続いてほしいものです。
みなさんも藤沢を訪れた際は、地元に愛される味を体験してみてください。

里のうどん 藤沢店
住所: 神奈川県藤沢市南藤沢8-1 日の出ビル1F
アクセス: 小田急線「藤沢駅」より徒歩4分
TEL: 0466-23-6833
営業時間: 11:00~15:00(ラストオーダー14:45) 17:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日: なし