人気菓子研究家が手がける “コンフィチュール”を求めて、鎌倉へ

鎌倉駅東口を出て、賑わう小町通りには入らず、若宮大路へ。

まっすぐのびたこの道は、鶴岡八幡宮へと続く美しい参道です。

もちろん、こちらにもたくさんの観光客の方はいるのですが、

それでも道幅が広いため、小町通りよりは少し歩きやすい!

笑顔で、楽しそうに並んで歩く人波を避けて、

私が月に一、二度向かうお店、

それがこちら「ロミ・ユニ・コンフィチュール」。

南仏の街に佇むような外観からして、もうすでに美味しそうです!(笑)

コンフィチュールってなに?

ここはお菓子研究家のいがらしろみさんが2004年鎌倉にオープンした、

美味しいコンフィチュールや焼き菓子などを取り扱うお店。

系列で、東京・学芸大学にもお店を構えているので、

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

「なーんだ、コンフィチュールって“ジャム”のこと?」

とお思いになった方に、

料理不得意! お菓子作りド素人! の私が簡単にご説明させていただくと、

コンフィチュールは、実は、ジャムとは少し作り方が異なるんだそうです。

英語が語源のジャムは、その名の通り「詰め込む」という意味で、

古くから親しまれてきた、果物を使った食品のこと。

たっぷりのお砂糖を加えて果物を煮詰め、

形がなくなるまでトロトロに溶かしてしまうのが、

いわゆる「ジャム」です。さすがアメリカ、甘そうです!

では、一方のコンフィチュールはというと、こちらはフランス語が語源。

お料理の「コンフィ」に由来すると聞いたことがあります。

コンフィとは、食材の保存性を上げる調理法のことなのですが、

この作り方にならい、フルーツの果汁だけを煮詰めた後に果肉を漬け込む、

というのが一般的な「コンフィチュール」の作り方なのだとか。

ジャムと比べて果物の形が残っており、甘さも控えめなコンフィチュール。

パンケーキに添えたり、クラッカーやヨーグルトにかけたりするなら、

甘すぎるものが苦手な私は断然コンフィチュール派! というわけで、

鎌倉に住むようになってから、ここに頻繁に通っているんです。

Macintosh HD:Users:mcue:Desktop:名称未設定フォルダ:IMG_3033.jpg

オンナゴコロくすぐるパッケージデザインも魅力

ほっこりかわいいお店は、いつ来てもワクワクさせてくれます。

コンフィチュールはもちろん、

サブレやスコーンなどの焼き菓子も最高に美味しい。

しかも、瓶やパッケージなどのデザインも、いちいちカワイイ!

誰でも、いくつでも、何度でも! オトメ心をくすぐられると思います。

ちなみに、コンフィチュールの瓶のサイズは大・小ありますので、

お好みで量を選べるのもありがたいところ。

これまでジャムを食べきれた試しがないという方は、

まずは小さいサイズで試してみるのもいいかもしれません。

でもきっと、一度食べたらクセになる。また食べたくなる!

これ、間違いありません。選ぶアイテムにもよりますが、

未開封なら2〜5カ月持つものもあるんだそうですよ。

とはいえ、鎌倉に頻繁には来られないし、

「私は絶対食べきる自信があるぞ!」という方に、

おすすめしたいのは、コンフィチュールの量り売り。

ご自宅の密閉瓶を持参すれば、欲しい分だけ購入できます!

ただし、量り売りはその日作りすぎたメニューがある場合だけ

お手頃価格で提供されるもので、お味が選べません。

今日はどんなものが量り売りされているか、

事前にお店に電話して確認するのがベストです。

美味しくてかわいい、ロミさんのコンフィチュールのお店、

ぜひ皆さんも、一度そのお味を確かめに来てみてくださいね。

おまけの情報で、こちらはクレープ小屋もやっていますので、

散策中に小腹がすいたらぜひ召し上がってみてください。

きっとジャムのイメージがガラッと変わると思います!

ロミ・ユニ・コンフィチュール

住所:神奈川県鎌倉市小町2-15-11

交通:JR横須賀線・鎌倉駅東口より徒歩5分

営業時間:10:00〜18:00

定休日:無休(年末年始を除く)

TEL:0467-61-3033