なぜか読書がしたくなるカフェ……逗子海岸への道で見つけた『umibe café』

逗子駅から海岸に出るには、逗子郵便局近くの細い通りに入ります。

車がすれ違うにも譲り合いが必要なのに、海水浴シーズンになると人であふれる通り。

その道を海岸に向かって歩くと、砂浜まであと100Mほどの場所にカフェがありました。

『umibe café』「うみべかふぇ…」。

海には近いけど、海に面しているわけではないこのカフェ。なぜか惹かれます。

3年前に逗子のシェアハウスでの2拠点生活を始めてから、ずっと気になっていたのに開くことがなかった海を感じる白い扉。

気づいたら、その扉を開いていました。

木の温かさを感じるやわらかな店内

一歩店内に足を踏み入れると、木がふんだんに使われた店内。そこにはJAZZが流れていました。

「お好きな席にどうぞ」そう言われて奥の席へ。

テラス席では、ブロンド髪の5歳くらいの女の子が、パパ・ママ・妹に話しかけて笑顔がはじけています。その隣では、カップルが楽しそうに談笑。

私の目の前は、待ち合わせの女性ふたり。となりは私と同じおひとり様女性。

みんな、思い思いにこの空間を楽しんでいます。

店内一角の本棚にはたくさんの本が置かれ、飾り棚にも写真集がキレイに並べられています。

それを見て「本を持ってくれば良かった」と心の中でつぶやいていました。

そんな時、新たなおひとり様女性が来店。

彼女は注文を終えると、文庫本を取りだし読書を始めたのです。どうやらここは、本を読みたくなる空間のようです。

コーヒー、スイーツとは違う看板メニューが気になって

「本が読みたい」そんな風に思いながら、コーヒーとスィーツを注文すると「少しお時間掛かりますが大丈夫ですか?」と、ちょっと恥ずかしがり屋な感じの店員さん。

「時間はたっぷりありますので」

そう伝えると、にっこりと微笑んでから厨房に消えて行きました。

まず注文したのは「ブレンドコーヒー」。

メニューには「1月のお豆は鎌倉・ヴィヴモン ディモンシュより」とあります。

月替わりで豆が変わるんだ。

メニューの裏表紙を見ると、鎌倉のお店の他にも島根・徳島にある自家焙煎のお店が紹介されていて、マスターお気に入りの焙煎コーヒーを月替わりでいただけるのだとわかります。

コーヒーにこだわったお店のスイーツに選んだのは「シフォン」。

ふわふわの生地が好きで、シフォンがメニューにあれば、ついつい頼んでしまいます。

注文を終え、手持ち無沙汰になって手帳を広げる私の目の前を、カレーが次々に運ばれていきます。

このお店のフードメニューは「pork curry」と「fish curry」のふたつに、それらの「mini curry」のみ。

「pork curry」は、豚の角煮をつくってから煮込み、「fish curry」は旬の魚に粉を振って焼いてから煮込むと書いてあります。

「おいしそう…」

味を想像しながらメニューに見入っているところに、「お待たせしました」の声。

気づくと目の前に「ブレンドコーヒーです」と、カップが置かれています。

ブレンドコーヒーとの相性抜群のシフォンケーキには……

カップからのぼる湯気に頬を緩ませると、「こちらシフォンになります」。

並んで皿が置かれました。

皿の中を見て、思わず心が躍ります。

だって、バニラアイスがたっぷりと添えられているんですもの!

甘いものの中で、ダントツにバニラアイスが好き。

アイスから食べたい気持ちをおさえつつ、まずはブレンドコーヒーを一口。

「ん!ブラックなのに苦みも酸味も強くなくて、とても飲みやすい」

コーヒーが好きとは言え、ついつい砂糖とミルクを足してしまう私。でもこのコーヒーは、むしろ入れない方がいい。

「シフォンは?」アイスだけでいただきたい気持ちを堪えて、生地と共に。

「シナモンの風味とバニラアイスの組み合わせが、絶妙にマッチしているし、そのあとにいただくコーヒーが、さらに引き立つ!」

まさに、大人の贅沢スイーツです。

「アイスがとけないうちに」と言うのは建前、本当は手が止まらず、あっという間に完食していました。

なんて豊かな時間なのでしょう。

本の読みたくなる空間が描かれていた絵

気づくと、空の色が夕暮れの近いことを知らせています。

カップにはコーヒーがほんの少し。

「300円でコーヒーをお代わりして、この余韻を味わおう」一瞬そう思いましたが、段々と本屋に行きたい気持ちが強くなってきました。

私は残りのコーヒーを味わいながらゆっくり飲み干し、お店を出ることに。

扉を開けようとした時、壁の絵に気づきました。

海辺でコーヒー片手に、夕日を眺める魚。その脇には開いた本が置いてあります。

「ああやっぱりこのお店は、本が読みたくなるところなんだ」。

お店を出た私は、夕日が沈む海岸を背に、本屋に向かうのでした。

Umibe cafe
所在地:神奈川県逗子市新宿2-2-16
電話:046 845 9209
アクセス:JR横須賀線逗子駅、京急線逗子・葉山駅から徒歩約10分
開店時間:11:00~17:00
定休日:火、水曜日

エリア&駅

神奈川県 逗子市 新宿 JR横須賀線 逗子
京急逗子線 逗子・葉山