街中の山小屋? 心安らぐ時間を過ごせる鎌倉・長谷のアートなカフェ

お参りに、グルメに、海に山にと、さまざまな観光が楽しめる鎌倉の街。
皆さんは鎌倉観光といえば、何を思い浮かべるのでしょうか。
やっぱりメインの鎌倉・小町通りでしょうかね?

ぶっちゃけ、地元民は普段あまり小町通りでは遊びません(苦笑)。
なにせいつでも混雑していますし、多くのお店は観光の方々のためのもの。
やっぱりちょっと避けて通ってしまいがちなんです。

そりゃ、たまには行きます、行きますよ!
お友達が鎌倉に遊びに来た時や、
どうしても小町通りでなければ買えないものがある時は。

でも、ちょっと心静かに穏やか〜に過ごしたいなと思ったら、
小町とは違う場所が頭の片隅に浮かびます。

では、地元民が行くならどこなのか?
もちろん、海辺や山の中も最高なんですが……私はなぜか長谷の街。

長谷にも当然、高徳院や長谷寺などの観光スポットがあるので
決して混雑していないというわけではありませんが、
なんとなく、街の雰囲気に品があって静かな気がするんですよね〜。

そんな私が、ふらりと散歩に出かけた時によく立ち寄らせていただくのが、
こちらのカフェ「vuori(ブオリ)」さんです。

心落ち着くおしゃれなカフェ&ギャラリーで、今日もホッとひと息

「vuori」とは、フィンランド語で「山」という意味。
確かにその名の通り、木の温かみを感じるおしゃれなこちらのお店、
元々は海産物の卸問屋さんの倉庫として使われていた建物だったのですが、
それを改装して2014年にオープンしたんですよ。

1階がカフェ、2階がギャラリーという造りで、
カフェではコーヒー・紅茶の他、ビールなどのアルコールも注文OK!
まさに大人のための隠れ家です。

お茶以外にケーキやガレットなどもいただけるので、
鎌倉散策に歩き疲れて、ホッとひと息つきたい時にもおすすめ。

夏は期間限定でかき氷がメニューに加わるのですが、これがまたおいしくて、
観光客がワッと訪れるオンシーズンには売り切れてしまうこともあるほど。

昨年は特にウイルス対策で混雑を避けるためか、外のベンチに座って
席が空くのをジーッと待っているお客様をたくさんお見かけしました。
そうまでしてでも立ち寄りたくなってしまうお気持ち、よ〜く分かります……。

ギャラリー「くらしの道具店」には、趣のある食器や古道具がズラリ

広々としたカフェスペースの中央にある階段をのぼると、
2階は「くらしの道具店」というギャラリーになっていて、
こちらでは気に入ったくらしのお道具を購入できます。

取り扱われているアイテムは、全国各地で
素敵なモノづくりをしている作家さんたちが手がけた作品ばかり。
ほっこり優しい土の香りが漂ってくるような渋好みの器に、
繊細でスマートなガラス品、愛らしい銀彩のブローチ。
奥を覗くと、時を経て味わい深い表情をたたえる古道具や古書もあります。

「いちいちカッコいい! どれもステキ!」
きっと訪れた誰もがそう思えるような「vuori」さんのギャラリースペース。

普段はお転婆な私めも、ステキな器やガラスものの前では
しっとりおしとやか〜に、そ〜っと、そ〜っと。
しかし、内心ではおしゃれなお道具たちを前にしてちょっと興奮気味に(笑)、
今日はお友達への誕生日ギフトをゲットさせていただきました!

ちょっぴりアートな気分に浸れて、
お茶やお買い物も楽しめる、カフェ&ギャラリー「vuori」。
皆さんも、鎌倉・長谷へ訪れた際にはぜひこちらも覗いてみてくださいね。

vuori(ブオリ)
住所:神奈川県鎌倉市長谷1-15-1
アクセス:江ノ島電鉄長谷駅より徒歩4分
TEL:0467-23-2450
営業時間:1F カフェ12:00〜18:00(L.O.17:30)、2F くらしの道具店 12:00〜17:30
定休日:不定休