映える!七里ガ浜の超クールな最新カフェ「(E)2102」

梅雨入り前の海は、すでに真夏並みの暑さ。猛暑のマスク生活がまたやって来るのかと思うと少々げんなりしてしまいますね〜。

そんな時は、おいしいコーヒーを片手に、ひとけのない場所を探してマスクを外し、ソーシャルディスタンスをしっかり取りながら、思いっきり深呼吸してみましょう! 気持ちいい海風が、口元のムレも、鼻の下にかいた汗も、溜まったストレスもきっと吹き飛ばしてくれます!

というわけで本日は海のすぐそば、私めの海街散歩コースに今年2月新しく登場したカフェをご紹介。場所は七里ガ浜東。いつものスーパーマーケットまでの道のりにあるカフェ「(E)2102」は、カッコいい母娘が経営する超クールなスポットです!

海街の住宅街に佇む洗練のカフェ

外観は、ちょっとおしゃれな一軒家。なので、見逃して通り過ぎてしまわないようにご注意を。でも、大々的に「カフェです!」という顔をしていないところがイマドキで、とっても素敵なんですよ。

店内は、都会的な雰囲気のコンクリート打ちっ放し。大きな窓の向こうにはお日様を浴びながらリラックスできるテラス席。どちらも空間がゆったりしているので、きちんと距離を保てばマスクを外すことにも不安は感じません。

本日私がオーダーしたのは、ほのかな酸味がきいた飲みやすいホンジュラスのホットコーヒーと、まろやかで豆の甘みを感じるアイスの豆乳ラテ、そしてオートミールを使ったベリー入りのソフトクッキー。時間をかけてのんびりする気満々で、ドリンク2品も注文! メニューを見るとヘルシーなフードもありそうなので、今度は食事目当てで立ち寄ってみたいと思いました。

味もインテリアも空間デザインも、ハイレベル&ハイセンス!

テラスのテーブルやイスはとてもハイセンスなのですが、中でも気になるのがこのぐにゃと曲がった鉄の固まり。現代アートかと思いきや「廃材なんですよ」と娘さん。こんなカッコいい廃材ってあるのか! とビックリしてしまいました。

お話によると、コーヒー豆は東京・蔵前のお店から取り寄せた厳選品。お母様がキッチン担当で、娘さんはデザインなどをされているそうです。

店内に展示・販売されているこのオリジナルTシャツも、もちろん娘さんのデザイン。シンプルで着心地が良さそうだったので、私も白Tを1枚購入させていただきました。これからやって来る激アツな季節にカッコよく着こなしたいと思います!

店名の謎解きはコーヒーのあとで

帰り際、前々から気になっていた店名についてもお話を伺ってみると、(E)は七里ガ浜東、つまりEASTから、2102はこちらのアドレスであり、オープンした月が今年2月だったため、この名称になったとのこと。

あえて(E)は読まずに「トゥーワンゼロトゥー」と呼んでくださいと娘さん。なるほど…。おばちゃんは思いっきり「イー・ニーイチゼロニー」と読んじゃってました(苦笑)。今度からそう呼ばせていただきます!

新スポットの登場で、海街散歩がますます楽しみになった私。みなさんも、緊急事態宣言が落ち着いたらストレスを吹き飛ばしに、ぜひ七里ガ浜の最新カフェ「(E)2102」さんを覗いてみてください。こちらのお店は週末、金・土・日と祝日のみ、10時からのオープンです。

(E)2102
住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2-10-2
アクセス:江ノ島電鉄「七里ガ浜」駅より徒歩7分
TEL:050-3568-2778
営業時間:10:00〜18:00
定休日:月〜木曜

エリア&駅

神奈川県 鎌倉市 七里ガ浜東 江ノ島電鉄線 七里ヶ浜
江ノ島電鉄線 稲村ヶ崎