ワンコもキッズも一緒に珈琲タイム。菖蒲沢「7325 COFFEE」

よく通る道なのに、そこにあるお店に気づかなかったということはありませんか?

今回ご紹介する「7325 COFFEE」さんは、写真を見て知っていました。オシャレな外観で、いつか行ってみたいと思っていましたが、場所がいまいちわかっていませんでした。

いざお店に行こうと思い探してみるとよく通る道にありました。

「こんな所にあったとは!」

見つけた時はそんな感じでした。

秋葉台体育館の前を通る43号をまっすぐ菖蒲沢のほうに行き、菖蒲沢大下の信号を曲がるとすぐ。交通機関を使うと湘南台駅からバスで大下下車、目の前に駐車場があります。お店はその奥です。

以前は鵠沼海岸にあったそうですが、2021年7月に菖蒲沢で新しくオープンしたそうです。

暗号のような店名

「7325」という店名はなんだか暗号のようですよね。

この「7325」の意味は、津波が来ないように、波がニコッとしていますようにと『7325 波ニコ』だそうです。

ご夫婦で営んでいらっしゃっていますが、とても暖かい感じがするお店です。

私がテイクアウトコーヒーを頼んだ後、外で写真を撮っていると、ご主人がコーヒーを外まで持って来てくれました。

そこまでしていただけるとは、感動しました。

マイカップでお持ち帰り

偶然見つけてしまった「7325 COFFEE」。

店内でゆっくりコーヒーをいただきたかったのですが、今回はお持ち帰りにしました。たまたま持っていたタンブラーにコーヒーを入れてもらいました。

テイクアウト用カップは間伐材でできているそうです。
森林の木々が過密になると日光が地表まで届きにくくなり、木々が育ちづらくなります。それを防ぐため、木々を一部伐採することで森林を良い状態に持っていくそうです。
その時伐採した木を間伐材と言います。

「7325 COFFEE」さんはNPO法人「気候危機対策ネットワーク」の会員で、脱プラスチックやゴミを出さない取り組みをしているそうです。

テイクアウト用カップは30円の有料になります。

お子さんもワンちゃんも楽しめる!

お店のコーナーにはこんな場所があります。

畳一畳が置いてあるのですが、オモチャも置いてあり、ここでお子さんを遊ばせられます。

このような場所を設けているお店というのは、あまり見かけないので本当にうれしいです。

入り口を入って手前の2席までワンちゃんを連れていてもOKだそうです。

奥の席とは分かれていてこのようなサインもあるのでわかりやすいです。

ワンチャンには卵もバターも入っていない玄米クッキーはいかがですか?

外にはなんとキッズクライミングがあります。

井戸もあり、お水を出していいそうです。お子さまに体験させてみてあげると喜ぶと思います。汲んだお水は植物にあげてください。とのことです。

五右衛門風呂焙煎所

お店の横には五右衛門風呂焙煎所があります。

中は自由に入って良いとのことで、中に入らせていただきました。

こちらの焙煎機で毎日コーヒーを焙煎しているそうです。

なんとも風情がある所でした。

「7325 COFFE」は手作りおやつもあります。今回は食べれませんでしたが、濃厚レアチーズケーキは人気だそうです。

コーヒーは地方発送も受け付けていて、送料は全国どこでも200円だそうです。

お子さまやワンちゃんと一緒でも気軽に行けるので、ぜひ行ってみてください。

7325 COFFEE
住所:神奈川県藤沢市菖蒲沢1129
アクセス:小田急江ノ島線、相鉄いずみの線、横浜ブルーライン、湘南台駅よりバス大下亭下車(前が駐車場になっています。駐車スペース6台分あり)
営業時間:10:00〜16:00
定休日:営業日は不定休の為、ホームページ、もしくはInstagramの営業日カレンダーをご覧ください。

神奈川県 藤沢市 菖蒲沢 小田急江ノ島線 湘南台