たまの贅沢に藤沢で食べるカウンターのお寿司屋さん

回転するお寿司屋さんには、よく行くけれど、

カウンターのお寿司屋さんは敷居が高く

数年前までは、なかなか行く勇気がありませんでした。

5年ほど前に藤沢駅南口にできた「寿司 澄風」は、

カウンターのお寿司屋さんでありながら、ひっそりとしたアットホームな雰囲気と

大将の人柄で、友人に紹介されて初めて行った時から大好きなお店になりました。

大将との距離が近いコンパクトなカウンター

お腹がすいていたので、お寿司に夢中になってしまい、

食事前の綺麗なカウンターの写真を撮るのを忘れてしまっていたため、

食後のカウンター風景になってしまいました・・・

このくらいコンパクトなカウンターなので、とても入りやすい雰囲気です。

コロナウイルスの関係により、

予約人数に応じて席数の変更はあるそうですが、

この日は友人5人と予約したので、ほぼ貸し切りの状態でした。

お刺身の盛り合わせから始まる贅沢な食事

事前に予約をしていたので、お刺身の盛り合わせから順番に出してくれました。

旬のお魚たちが綺麗に並べられています。

スーパーで買ってきてお刺身をお家で食べるのと

なんでこんなにも気分が違うのでしょうか。

もちろん新鮮さや、さばき方に違いがあるのだと思いますが、

この美しい盛り付けは「職人さんの技」なんだといつも感心してしまいます。

「どの魚から食べようか」、「どの魚を最後に残そうか」悩みながら

ゆっくりと味わっていただきました。

刺身が終わると、お寿司に入る前の箸休めで

タコの唐揚げも出していただきました。

日常ではあまりない上品なお皿に上品な量。

これはお酒がすすんでしまいますね。

ということで日本酒を注文しました。

こちらのお店には、神奈川の地酒がたくさんそろっているのですが、

あまり詳しくない私は「日本酒3種飲み比べ」を試してみることに。

味についての詳しい食レポはできないものの、いただいた日本酒はすべて飲みやすく、

魚やお寿司に合う間違いない美味しさでした。

口に入れるのがもったいない新鮮なお寿司

お寿司は予約時に好みを伝え、お任せで出していただきました。

「貝が好きです」というリクエストをしていたので、

とても新鮮な貝を用意していただきました。

出してもらった直後はまだ動いているくらい新鮮で

これもまた、口に入れるのがもったいなく、

友人たちと何枚も写真を撮ってからやっと食べる事に。

口に入れると生臭さとは違う磯の香りが、ふわっと広がり

さばきたてだからこそのコリコリの触感がたまらなく美味しかったです。

白身のお魚には、スダチと岩塩をすりおろし器で

ゴリゴリとすりながら味付けをしてくれました。

このスダチがとてもいい香りで、岩塩の塩味が魚の甘さを引き出しながら

よりまろやかな味を楽しませてくれます。

そのほかにもたくさんのお寿司を出していただき、

お腹も心も満たされ大満足だったのですが、

ワサビ好きの友人のリクエストにより、

あまり見たことのない巻き寿司をつくっていただくことに。

「涙巻き」という、すりおろしたワサビや、わさびの千切りなどを巻いた寿司で

涙が出るほどに辛いので「涙巻き」の名がついたといいます。

シンプルにわさびの美味しさや風味が楽しめ、

海苔やしゃりの旨味を味わうためのお寿司とされているそうで、

お寿司屋さんによって-味が変わるそう。

食べると本当に涙が出るほど辛かったですが、

ワサビの風味とお寿司屋さんの美味しい酢飯が程よくて

締めのお寿司にさっぱりといただきました。

あっという間に時間は過ぎ、楽しくて美味しい夜を過ごすことができました。

ひっそりと、贅沢を楽しみたい際には、ぜひ候補の一軒にしてみてください。

寿司 澄風 SUSHI BAR Sumikaze 
住所:藤沢市南藤沢9-2 山下ビル102
アクセス:藤沢駅南口より徒歩約5分
TEL:0466-47-3114
営業時間:18:00~23:00
定休日:不定休