逗子葉山の低山を歩いて健康作り2〜はやま三ヶ岡山緑地〜

今日もとってもよい天気になりました。

葉山町のど真ん中にある、はやま三ヶ岡山緑地(さんがおかやま、と読みます)。

「葉山の魅力を代表する海と山を、県民が気軽に堪能できる」(県パンフレット)そうです。

私の低山歩きにはもってこい!

さっそく、チャレンジしてきましたよ。

まずは、JR逗子駅、京急逗子葉山駅から京急バスに乗ります。

「旧役場前」で下車、すぐ目の前に「寿し屋の吉兆」さんがあります。

お店横、この看板のあるところを左折、「つつじコース」を行きます。

静かーです。

住宅街の細ーい坂道をどんどん上っていくと。

銅板でできたステキな標識が。

「←加地邸」

気になるので、ちょっと寄り道してみます。

古めかしい大きな建物、入口には防犯カメラが光っています。

「写真撮っても大丈夫かな?」

ドキドキしながらも、シャターを押さずにはいられない、そんな建物でした。

帰宅後、調べたところ、昭和3年建築、国指定登録有形文化財

遠藤新(フランク・ロイド・ライト-東京帝国ホテル設計-の愛弟子)設計

現在は、宿泊施設として使われています。

昭和の建物が、違和感なくそこにあり続ける街、葉山ってやっぱりいいなあ。

邸宅の裏は、いきなり山道になっていますぞ

家々のたたずまいを眺めていたら、ズルッと滑りました。

山道は突然に!

落ち葉に気を付けて進みましょう。

ここを折り返したあたりから、丸太を階段状に組んであるアプローチ。

ゆっくり上ります。

行き交う人と「こんにちは」「こんにちは」

山のマナーではありますが。

コロナ禍、この挨拶が心に沁みます。

東峰広場には、案内板がありました。

低山でも必ず、自分の居場所を確認しておきましょう。

現在地は、ここっと。

木々の間からは、横浜みなとみらい地区が見えます。

ランドマークタワー、クイーンズタワー・・・

案内板、ちなみに、夏場は虫刺されに注意、までアドバイスしてくれていました。

穴場!この富士山をひとり占めできます

30分ほどで、山頂広場に到着します。

標高は、142.7M!

「低いなあ。」

と嘆くことはありません。

目の前には。

江の島。美しい富士山も望めます。

山頂広場には、テーブルと椅子セットが数台。ゆっくり、お弁当を食べている人、荷物を整理している人がいました。

ここからは、「真名瀬コース」を進みます。

すぐ先の西2峰広場には、「展望デッキ」が。

ここも目の前に富士山が広がります。

これまた「美しい!」

それもそのはず、「関東の富士見100景」の1シーンでした。

箱根、「金時山」もかわいくちょこんと見えました。

展望台には、テラス席のようなスペースが。

だれもいないので、ゆっくり休憩します。

あー、一瞬で富士山に雲がかかってしまった(泣)

下りは突然の急階段!ラスト、疲れた身体にご褒美が待ってます

下りもいきなり始まります。

急勾配、丸太階段の連続です。

自分のペースで一段一段踏みしめて下りましょう。

勢いが付くと止まらないので、要注意。

下りきったら、そこがゴール。

「熊野神社」の横に出ます。

その先は、話題のお店がどんどん増えている、葉山堀内の住宅街です。

そして、国道207号線の向こうには。

大海原相模湾と富士山が再び目の前に広がります。

富士山、本日3回目!

見え方が毎回全く違うので、感動も3倍。

はやま三ヶ岡山緑地、三つの峰が続き、縦走気分を味わえる、富士山も3度楽しめる、ステキな場所でした。

他に、もっと気軽な「あじさいコース」(30分)もあります。

歩くうち、葉山のことがよくわかる、もっともっと知りたくなりますよ。

運動不足解消にももってこいですので、ぜひお越しになってみてくださいね。

緑地内には、トイレ、水飲み場はありません。ご注意ください。

はやま三ヶ岡山緑地
住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内
アクセス:JR逗子駅、京急逗子葉山駅 から京急バス
     長井行き、横須賀市民病院行き、大楠・芦名口行き「旧役場前」下車
     はやま三ヶ岡山緑地「つつじコース」へ