どこからともなく夏歌が聞こえてきそうな鎌倉・稲村ヶ崎の海浜公園

1990年に公開された映画『稲村ジェーン』は、
湘南を代表するスター、サザンオールスターズ桑田佳祐さんの初監督作品。
確か、60年代の鎌倉・稲村ガ崎を舞台に、
伝説の波“稲村ジェーン”を待つ4人のサーファーの青春を描いた物語でした。
…といっても、おそらく「そんな作品知らない」「聞いたことない」
という方のほうがきっともう多いのでしょうね。
だって、時代は令和! 今となってはこれも十分古い映画なのでしょう。
10代の頃からサザンオールスターズが大好きで、
2013年、桑田さんの地元・茅ヶ崎で行われた伝説の凱旋ライブにも、
どうにかこうにかチケットを入手して行くほどのファンでもある私にとっては、青春時代を彩ってくれた懐かしい思い出の作品の一つです。
なんていう、どなたも特にお知りになりたくない個人的な昔話を
唐突に始めてしまいましたが…なぜそんな話をしたかというと、
ここがその映画の舞台でもある稲村ガ崎だからです!ジャーン!

時空を飛び越えて、鎌倉時代の強者たちとつながれる場所

ここ稲村ガ崎は鎌倉市南西端、由比ガ浜と七里ガ浜の間にある岬で、
神奈川の景勝50選にも指定されている場所。
美しい夕陽が眺められるということで人気のスポットです。
でも、その昔は戦場だったのですよね。
歴史は不得意な私めが知る限り簡単にご説明すると、ここは
新田義貞による鎌倉攻めの突破口となった場所なのだそうですよ。
公園内に義貞の石碑が建っていたのは、そういうことだったのか…。
北条軍のかたい守りをなかなか破れず、攻めあぐねていた新田軍が
竜神に祈りを捧げたのも、この稲村ガ崎。
義貞は潮が引いた瞬間を見計らい、6万にも及ぶ兵を率いて
この稲村ガ崎の岸壁沿いに鎌倉へ突入。
源頼朝から150年も続いてきた鎌倉幕府を滅亡へと導いたのだそうです。
…もう一度、小学校の社会科からやり直そうかしら? と思うほど、
すっかり歴史を忘れており、教えてくださっていた社会科の先生に対して
今さらですが、なんだか申し訳ない気持ちになりました(苦笑)。

そんな歴史的な場所でもあるここは、今は公園になっていて、
ジョギングや散歩を楽しむ近隣の方々、
観光でいらした方々の疲れを癒す、実に穏やか〜なスポットとなりました。
公園内の階段を下りると、海はもう目の前。海水が溜まった岩場の穴には
たまにクラゲなんかが浮遊していたりカニがいたりして、楽しいんですよ!
子どもたちのはしゃぐ声、新田さんたちに届いているでしょうかー!

絶景! 心洗われる稲村ガ崎からの夕陽はぜひご自分の目で…

園内の階段を上って江ノ島方面に目をやると、目の前はドーンと海!
遮るものがひとつもなく、江ノ島、富士山までが一気見できる稲村ガ崎。
お天気のいい昼間の眺めも十分気持ちいいのですが、
やっぱりここから眺めるなら夕焼け! これに限ります!
最近ちょっと秋雨前線停滞中のために曇りがちで、
素晴らしい夕陽の写真は撮れませんでしたが…
「美しい景色はやっぱりご自分の目で確かめていただきたい!」
ということにしておこう!(笑)
ぜひ一度、絶景を見に稲村ガ崎へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区(稲村ヶ崎公園)
住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-19
アクセス:江ノ島電鉄稲村ヶ崎駅より徒歩5分

エリア&駅

神奈川県 鎌倉市 稲村ガ崎 江ノ島電鉄線 稲村ヶ崎