オシャレな街葉山で、日本庭園の秋を満喫『葉山しおさい公園』

オシャレなお店や高級住宅地のイメージが強い葉山ですが、日本庭園を楽しめる公園があるのをご存知ですか。

『葉山しおさい公園』は、大正天皇崩御後、昭和天皇皇位承継の地として、史跡となっている公園です。

今回は紅葉の日本庭園を堪能してきました。

併設の『葉山しおさい博物館』で、葉山の海を知る

公園の入口は立派な門があります。

門の横に受付があり、入園料300円(小・中学生150円)を支払います。

それと同時に、体温測定と緊急連絡先を記入しました。

受付を済ませて進むと、まずは『葉山しおさい博物館』が現れます。

葉山しおさい博物館のエントランスは、以前“御車寄せ”として使われていたものなのだとか。

風格が漂っています。

この葉山しおさい博物館は、葉山町周辺の海の生き物を紹介しています。

また、昭和天皇が研究した標本資料の展示もありました。

海なし県埼玉県との2拠点生活をしている筆者にとっては、地域の海に関する博物館は興味深いものでした。

水族館とは違った展示と、おもしろい生き物に出会えます!

公園入園料のみで、入館できますのでぜひ立ち寄ってください。

葉山御用邸の附属邸跡地につくられた公園

それでは、庭園に参りましょう。

庭園の中心には大きな池があります。

この池は井戸水を汲み上ており、キレイな水の中を鮮やかな鯉が泳いでいます。

優雅な趣ですね。

葉山御用邸附属邸跡地につくられたこの公園は、春はツツジ、秋は紅葉が楽しめる日本庭園。

訪れた時には紅葉も終わりの頃でしたが、まだまだ秋の風情を感じることができました。

そして園内には、2軒の茶室があります。

そのひとつ「潮見亭」は平成5年の当時皇太子(現天皇)のご成婚を記念して建てられたとか。

しおさいが聞こえる、落ち着いた場所にたたずんでいます。

もうひとつは、庭園の池のほとりにあります。

こちらは「一景庵」。

この茶室では、お茶をいただくことができます。

実は、入園時にお抹茶の割引券をいただいていたので、一服しましょう。

庭園を眺めながらの至福の時

亭内奥の畳の部屋は、レンタル茶室になっているそうです。

手前の土間でお茶をいただきます。

この日は、曇り空で肌寒い日。

茶碗を両手で包んでいただくと、ホッとする温かさです。

秋の曇り空ですが、なぜか日本庭園はどの天気でも趣があって落ち着きます。

抹茶と甘い落雁(らくがん)が口の中で幸せをつくってくれ、体がポカポカしてきました。

しばし庭園を眺めたところで、心も体も温まったので散策を再開しましょう。

黒松林としおさい、そして・・・

一色海岸に面した黒松の林を進むと、海を眺めることのできるパーゴラに着きました。

パーゴラからみる一色海岸は、色々な方が秋の海を楽しむ様子が。

ベンチもあるので、ここで海をゆっくり眺めるのもいいですね。

園内を一周して、そろそろゴールというところで…

滝がありました。

近寄るとなかなかの水量!

滝音とマイナスイオンが、迫力とすがすがしさを演出しています。

この滝は、「いつまでも見ていたい」と思わせる流れ。

この公園で、いちばんのお気に入りになりました。

流れの先には飛び石があり、小さなお子さんが、お父さんに手を引かれて慎重に渡る姿がほほえましかったな。

『葉山しおさい公園』は、日本庭園エリアでは海の近くということを忘れるくらい静か。

心を静めたいときにオススメの場所です。

オシャレなスポットの多い葉山・逗子エリアですが、ちょっと安らぎを求めたいときに立ち寄りたい場所でした。

葉山しおさい公園
所在地:神奈川県三浦郡葉山町一色2123番地の1
電話番号:046-876-1140
アクセス:JR逗子駅、京浜急行逗子・葉山駅からバス海岸廻り葉山行き「一色海岸」バス停下車すぐ。山手廻り長井方面行きでは「葉山」バス停下車徒歩3分。
開園時間:午前8時30分~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月3日)
入園料: 一般:300円(高校生以上)、小・中学生:150円
※県立近代美術館葉山及び山口蓬春記念館を同日利用した場合、半券の提示で50円の割引あり。
※未就学児、葉山町内在住の70歳以上の方、身体障害者手帳及び療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示された方および介助者1名は、入園無料。