茅ヶ崎といえば外せない絶景スポット「サザンビーチちがさき」

茅ヶ崎といえば海。

夏になると地元民をはじめ、さまざまな地域から多くの人が訪れます。

今回は、そんなサザンビーチちがさきでお散歩をしてきました!その様子をご紹介します。

CHIGASAKIのCがシンボル

サザンビーチちがさきは、1898年に「茅ヶ崎海水浴場」として開設。

その後1999年に、茅ヶ崎出身である桑田佳祐さん率いるサザンオールスターズの名に
あやかって「サザンビーチちがさき」に改名。

インパクトのある名前から、改名後は海水浴に来るお客さんが増えたそうです!

海に到着すると、まずサザンビーチちがさきのシンボル「C」が目に入ります。

Cの右側に人が立つと「円」になるため「縁結び」のスポットとしても知られています。

また、サザンオールスターズのCDジャケットにも使用されており、
ファンの方はぜひ写真を撮りたくなりますね!

サザンビーチちがさきへは、JR茅ヶ崎駅より徒歩またはバス、国道134号線より車など、
状況に合わせたアクセスが可能です。

350台停めることができる駐車場も完備しているので、
荷物の多い海水浴やファミリー連れでも安心です。

過ごし方はさまざま

サーファーの聖地とも言われているサザンビーチちがさき。

実際に、サーフィンのために茅ヶ崎へ移住を決めたという話もよく耳にします。

遊泳期間中のサーフィンは禁止となっているため、気を付けてくださいね。

7~8月の海水浴期間は、毎年およそ15万人ほど!

他県からも多くの人が訪れます。

海の真正面には、えぼし岩が。

1200万年前に誕生したえぼし岩は、長い月日をかけて波で削られ、
現在の形になったといわれています。こちらもサザンビーチちがさきに来たら
ぜひ見ておきたい茅ヶ崎の代名詞です!

サーフィンや海水浴以外にも、テントを張って海で日光浴をしたり、
制服姿の高校生がひたすら海を見ながら語っていたりと、
思い思いの時間を過ごすことができます。

また8月には花火大会、数年に一度開催されるaikoさんによる
野外フリーライブなど、イベントもさまざま。

今年は新型コロナウイルスの影響を受け、海水浴をはじめ、
全てが中止となってしまいましたが、海でのんびり過ごす人は多く見られました。

美しいサンセット!

明るい時間帯の海はもちろんですが、
サザンビーチちがさきに訪れたらぜひチェックしたいのがサンセット。

季節や気候により多少変動しますが、17時頃から西側には美しい夕日が見られます。

だんだんと沈んでいく夕日をじっくりと眺めることができ、その様子は絶景。

カメラを構えて待つ人もチラホラ見られます。

天気のよい日は、夕日と富士山を同時に眺められることも。

この日は、富士山を見ることはできませんでしたが、
サンセットをしっかりと眺めることができました。

ただの携帯のノーマルカメラでも、こんなおしゃれな写真が撮れちゃいますよ。

夏だけでなく、季節問わず写真を撮りたくなるスポットがたくさんのサザンビーチちがさき。

ぜひ、足を運んでみてくださいね。

サザンビーチちがさき

住所: 神奈川県茅ヶ崎市中海岸

交通:JR茅ヶ崎駅より徒歩約20分/茅ヶ崎駅よりバス「海水浴場前」下車/国道134号線より車

海水浴場開設期間:7月第一土曜日~8月31日

遊泳時間:8:30~17:00

(※2020年は新型コロナウイルスの影響を受け、海開きを中止しています)