葉山のタルト専門店「Maron(マロン)」が新装オープン!

葉山の小さな小さなタルト専門店「Maron」。

5月に訪れたところ、お店は閉まり、店前に貼り紙が。

「えー、一体どうしたの?」

移転のための休業でした。

この度、6月16日から葉山内で少し場所を替えての新装オープン!

おめでとうございます!パチパチパチ。

新「Maron」は、国道沿いで便利になりましたよ

これまでのお店は、住宅街のど真ん中。

車を停めるにも、バスで行くにもちょっと大変でした。

新しいお店は、逗子方面から、県道311号を直進、「葉山大道」交差点を左折してください。

県道27号線「横須賀葉山線」を直進し、「一色住宅」交差点の先すぐ左手です。

オレンジ色屋根のビル1階「健寿司」さん手前のテナントです。

駐車場もあります。

まわりのお店との共同駐車スペースなので、ルールを守って停めてくださいね。

電車・バスの場合は、JR横須賀線「逗子駅」または京浜急行線「逗子・葉山駅」より、「逗15・衣笠駅行」または「逗16・湘南国際センター前行」乗車、「一色住宅」下車、すぐ左手です。

新「Maron」も小さな小さなお店です

こじんまりとかわいいお店。

看板も入口のロゴもとっても控えめです。

「ここは何屋さんなの?」

私が店内に入ろうとすると、隣のお寿司屋さんに並ぶおじさまから質問が飛んできました。

「おいしいタルト屋さんですよ」

「知らなかったわ。寿司のデザートに買っていくわ」(わっはっは!)

「Maron」ファンが、また一人増えるかしら?

店主パティシエお一人で、丁寧にタルトを作っています

入店は、平日12時過ぎ。

すでに、ショーケースの中はこんな状態です。

人気の「グレープフルーツたっぷりタルト」と「モンブランタルト」は、売り切れでした。

店主は、料理人・パティシエとして18年間経験を積まれた女性です。

2018年に旧店舗をオープンさせ、4年目に突入です。

毎日、国産バターを使って、タルトの種類ごとに生地から丁寧に作っています。

数量限定なのは仕方ありません。

売り切れ次第閉店なので、特に週末は早めに買いに行ってくださいね。

絶品!「旬のフルーツもりだくさんタルト」と「パリパリチョコとバナナのクリームたっぷりタルト」

店主が、急いでできたての「旬のフルーツもりだくさんタルト」(税込590円)を出してきてくれました。

乗っているフルーツは、季節ごとに変わります。

この時期は、キウイ・マスカット・バナナ・グレープフルーツ・オレンジ・巨峰など。

定番の「パリパリチョコとバナナのクリームたっぷりタルト」(税込540円)とともにゲットしました。

「旬のフルーツもりだくさんタルト」は、しっかりめのタルト生地の上にカスタードクリームと生クリーム、フルーツがたっぷり。

クリームの甘さが控えめで、フルーツとの相性もバッチリでした。

1ピース10センチ以上と大きめですが、ペロリと完食。

ワンホールでも食べられます(多分)。

「パリパリチョコとバナナのクリームたっぷりタルト」は、パイ生地サクサクなんです。

北海道産生クリーム、カスタードクリームの中には、バナナがたっぷり。

とろりとサクサク、チョコのパリパリが口の中に広がります。

子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、きっと夢中になるおいしさです。

誕生日や記念日用のホールタルトは、予約のみの販売です

まるごと一つホールタルトは、予約のみで販売しています。

3営業日前までに電話で申し込みを(詳細は要相談)。

7月誕生日のご家族がいらっしゃる方は、さっそく予約してくださいね。

また、甘いものが苦手な人用に「本日のキッシュ」も作られています。

キッシュは、厳選した食材が手に入ったときだけ販売。

出会えたらラッキーです。

キッシュの情報やショーケース内のタルト状況は、SNSで知らせてくれます。

「Maron」に行かれる前には、チェックしてからおでかけください。

Maron(マロン)
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色370
アクセス:電車・バス)JR横須賀線「逗子駅」または京浜急行線「逗子・葉山駅」より、「逗           15・衣笠駅行」または「逗16・湘南国際センター前行」乗車、「一色住宅」下車、すぐ左手 
     車)逗子方面から県道311号を直進、「葉山大道」交差点左折、県道27号線「横須       賀葉山線」直進、「一色住宅」交差点の先すぐ左手           
電話番号:046-854-5583
時間:11:00~18:00(売り切れ次第終了)   
定休日:月曜日・火曜日