絵本に出てくるようなカフェ!葉山の「三角屋根 パンとコーヒー」

葉山の森戸海岸沿いにある森戸神社は、海に浮かぶ鳥居と裕次郎灯台、そして富士山が拝める絶景パワースポット。

そんな森戸神社のバス停の目の前に、三角屋根の真っ白なおうちがあります。

このおうちこそ、数ある葉山のおしゃれカフェの中でも大人気の「三角屋根 パンとコーヒー」。

おいしい焼き立てパンと自家焙煎の豆で淹れたコーヒーを、絵本に出てくるようなかわいらしいお店でいただけるとあって、地元民はもちろん、遠くからわざわざ訪れる人もたくさん。

土日や休日は行列必至なので、平日におじゃましてきました!

「森戸神社」バス停前の三角屋根のおうち

青い空に映える白い壁のおうちの1階にお店の入り口があります。

お店の前には3台ほど車を停められるスペースも。
そしてお店の真ん前には「森戸神社」のバス停が。

入口横には円窓とベンチがあって、そこだけでも絵になる感じ。

中に入ると挽きたてのコーヒーのいい香りが。
入ってすぐのところにパンを販売しているガラスケースがあるのですが、今日は全て完売(泣)…。

左手の奥にはパンを焼くための大きなオーブンが見えています。
そして右手には大きな焙煎機が!

お店ではグアテマラやエルサルバドル、エチオピアなど世界各地から仕入れた豆を焙煎し、販売もしています。

ゆったりとした時間が流れるおしゃれな店内

店内は白い壁に高い天井、木の家具とところどころに置かれたグリーンが、おしゃれで落ち着きのある空間をつくり出しています。

お店の奥には大きな木のテーブルがあって、よく見るとひとつひとつ種類の違う椅子が並べられています。

このテーブルには電源タップもあって、パソコンで作業している方もちらほらいました。
厨房の様子がのぞけるカウンター席もあります。

そして特徴的なのは、なんと言っても大きな窓とその向こうに見えるお庭。
窓辺にはロッキングチェアが置かれ、ゆらゆらしながら窓の外を眺めることができます。

お庭にはベンチやチェア、パラソルなどが置かれていて、ここでワンちゃんと一緒に食事をすることもできます。

また、子ども用の小さい椅子やバウンサーも用意されていて、キッズフレンドリーなところもいい感じ。
グリーンには小さな鯉のぼりが飾られていました。

お店の中は平日にもかかわらずにぎわっていて、席もほぼ満席。
お客さんたちはそれぞれの席で思い思いに過ごされていて、お店の中はゆったりとした時間が流れていました。

絶品!ノリックムッシュ

そして私はノリックムッシュとバナナブレッド、抹茶ラテを注文。

ノリックムッシュとは?初耳なんですけど。

運ばれてきたものを見て納得。
食パンに挟まれているのはたっぷりのチーズと海苔!

だから海苔のクロックムッシュってことなのね。

意外な組み合わせだけど、ほんのり磯の香りがしてパンとチーズにベストマッチ!
私は磯辺もちにチーズをのせて食べるのが好きなので、まさに好みの味でした。

そしてバナナブレッドも、バナナの甘みにスパイスの香りがほんのり効いていてとってもおいしい!
抹茶ラテもしっかりとしたお抹茶が感じられて、本格的なお味でした。

オーナー夫妻の人柄が感じられる心落ち着く店内

こちらのお店はご夫婦で営まれていて、パンを作っているのが奥さま、コーヒーを担当しているのは旦那さまなのだそう。

お店のホームページやコースターに描かれているイラストはおふたりをイメージしたものだとか。

おふたりのお人柄と気配りが、そこここに感じられます♪
単なるおしゃれカフェにとどまらず、心落ち着くやさしい雰囲気のお店として存在感を放っている「三角屋根 パンとコーヒー」。

もちろんパンやスイーツ、そしてコーヒーをはじめとしたドリンク類も多くの人を虜にしています。
一度行くと二度三度と通いたくなること間違いなし!

葉山に来た時にはぜひ立ち寄ってみてください。

三角屋根 パンとコーヒー

住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内1047-3
アクセス:JR横須賀線「逗子駅」または京急線「逗子・葉山駅」からバスで「森戸神社」下車すぐ
TEL:046-884-9113
時間:9:00-17:00
定休日:月・木・金

(新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。訪問時は事前に店舗に確認してください。)