食とデザインとアートが楽しめる食堂 葉山の「HOLIZONTAL」

観測史上最も早い梅雨明けとなった今年の関東地方。

天気も気温もすっかり夏モードに!

蒸し暑くなってくると、むしょーにアジアンフードが食べたくなる私。

最近ベトナム料理のレストランがあちこちにオープンしていますが、葉山においしいフォーが食べられるお店があるとのウワサを聞きつけ、さっそく行ってみることに!

一色ひかげ通りにあるおしゃれな「食堂」

葉山の住宅街の中、御用邸の前から葉山郵便局までを結ぶ「一色ひかげ通り」。

この通りの途中にある商業施設「葉山アトリエ943」の2階右手に「HOLIZONTAL」があります。

以前、天ぷら屋さん「天康」があった場所というとわかる方もいるかも。(「天康」は葉山・長柄に移転されました)

2階への階段を登ると青いドアの前に「ランチ・お弁当・カフェ」と書かれたのれんがかかっています。

ドアを開けると、すでに満席。そして思いがけずカラフルでポップな店内にびっくりです!

中に入って見てみると、天井からいろんなものが下がっています。

なんだかワクワクするなー!

こちらのお店はアートディレクターと料理人のご夫婦が営む、平日のみオープンする「食堂」なのだそうです。

絶品スープの豆乳チキンフォー

お昼どきはその日のお惣菜がセットになった日替わりランチのほか、唐揚げやハンバーグなどのランチセットや、カオマンガイやフォーなどのアジアンメニューが食べられます。

ランチメニューはテイクアウトすることも可能で、お惣菜も100グラム単位で買うことができます。

またコーヒーなどのカフェメニューも充実。
ジャーのような大きいグラスで出てきます。

私は黒板に新メニューと書かれている豆乳チキンフォーをオーダー。

お水と一緒にテーブルマットが運ばれてきました。

写真を印刷したものをマットにするなんて、なんだかおしゃれ。
さすがアートディレクターですね。

そして豆乳チキンフォーが!

豆乳ベースのスープにたっぷりのチキンとフォーの麺、そしてパクチーやディルなどのハーブ類とフライドオニオンがのっています。

スープを口に含むと…とってもクリーミーで、チキンの濃厚な出汁がしっかりと感じられます。

フォーの麺もモチモチで、上にのっているハーブとの相性もバッチリ。

途中、ライムを絞ってさっぱりめに味変。

スープがおいしくて飲みやすく、最後の一滴まで飲み干してしまいました。

後味もさっぱりしていて、また食べたいなーと思わせる一品でした!

アートとフードが楽しめる食堂

こちらのお店のオーナー夫妻は「holiday」というクリエイティブユニットとして活動していて、アートとフードのディレクションやケータリングなどを手掛けているのだそう。

お店の名前「HOLIZONTAL」は本来、地平線の意味を持つhorizontalとユニット名のholidayを組み合わせて作った造語なのだとか。

店内には手掛けた作品や買い付けた商品などがセンスよく展示されています。

その中でも気になったのがカラフルなロープ。

お店の方に尋ねると、これらの商品は葉山在住のプロセーラーとコラボして作ったアイテムで、ヨットのロープをリメイクしたものだそう。

また大漁旗で作られたバッグもありました。

なんだか海の街っぽくてかっこいいなー。

また現在、ビールを買うとHippoblooのビーチサンダルが割引になるキャンペーンも開催中。

本格的な料理を味わえるポップで楽しい雰囲気の「HOLIZONTAL」。

海を感じさせるカジュアルな装いなのに、おしゃれ感が漂う葉山の住民のテイストにぴったりなお店です。

このお店が入っている「葉山アトリエ943」には、生どら焼きが有名な和菓子屋さんのほか、レストランやワインセラー、ケーキショップなどが入っています。

葉山に遊びに来たときはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

HOLIZONTAL(ホリゾンタル)

住所:神奈川県三浦郡葉山町一色943-1 ATELIER943-B棟2F
アクセス:JR横須賀線「逗子駅」または京急線「逗子・葉山駅」よりバスで「一色小学校」下車、徒歩4分
TEL:046-874-9705
時間:10:00-17:00
定休日:土日祝日