子どもと自然の中で思いっきり遊ぶならココ!鎌倉中央公園

過ごしやすい季節になってきました。
行楽に最適なこのシーズン、自然を感じたくなります。

今回ご紹介する鎌倉中央公園は、鎌倉市のちょうど真ん中に位置する、山の中にある広大な敷地の公園です。

近くに鉄道は通っていないので、観光客はほとんどいません。
地元民が過ごす公園です。

直通のミニバスに乗れば、意外とシンプルなアクセス

鎌倉中央公園までのアクセスは大変そうに見えますが、意外とシンプルです。
鎌倉駅西口から、市役所前バス停より中央公園行きのミニバスに乗車します。

ミニバスに乗れば約30分で鎌倉中央公園のバスロータリーまで、直通で行くことができます。

自家用車で訪れる場合は、事前に駐車場の予約が必要になります。

60歳以上の高齢者もしくは未就学児がいる家族は、前日までの予約が可能です。
それ以外は、当日予約のみになりますのでご注意ください。

車で中央公園入口まで行くと、入り口に係の方がいらっしゃるので、そこで予約者名を告げれば入ることができます。

気持ちいい!山景色の中のアスレチック

到着して最初に目に留まるのは、木でできたアスレチックの広場です。
この日も親子連れが楽しそうに遊んでいました。

周りの景色は山の中そのものです。

山の気持ち良い空気に包まれながら、アスレチックを楽しめるのはステキですね。

こちらのアスレチックは最近できた新しいものなので、とても綺麗で使いやすいです。

我が子のたくましさを実感できる!崖のぼりスポット

アスレチックでの遊びに飽きたら、どんどん敷地の奥へと進んでいきましょう。

舗装された道を進んで行くと、「ししいし」という大きな岩が現れます。

この場所に子どもたちを連れてくると、必ずししいしにのぼり始めます。

手と足を使って慎重に登っていく様子を見ると、昔の子どもはこうやって体や五感を使って遊んでいたのだなあと感じます。

さらに奥へと進んでいきます。

ししいしから少し行くと分かれ道があるので、右側へと進みます。

少し開けた広場に出ます。

そばにはきれいなトイレやビニールハウスがあります。

このトイレの建物の裏に、山肌が露出した箇所があり、多くの子どもたちが崖のぼりを楽しむ場所となっています。

すべりやすい山肌を、手足の感覚をたよりにのぼりおりして遊ぶ子供たちを見ていると、なんだか頼もしく感じます。

落ちないようにするにはどうしたら良いか、一生懸命考えながら慎重にのぼっていくのです。

普段、家でテレビを見たりゲームをすることが多い私の息子も、手足を使って考えながら、崖をのぼったりおりたりしていました。

広場からさらに奥の方へ行くと、道が続いています。

少し進むと、もう一つの崖のぼりのスポットがあるのです。

ここには太めの大きな枝がぶら下がっています。

子どもたちがまるでブランコのようにまたがって遊ぶ、人気の崖のぼりスポットになっているのです。

山の中なのに!管理が行き届いた美しい花壇や生垣

中央公園は、山とはいえかなり手入れされた公園になっています。

美しい花壇や植え込み、盆栽などが目を楽しませてくれますよ。

生垣の見本園もあります。

たくさんの種類の生垣がここに植わってます。
実際に見たり触ったりして、それぞれの葉っぱの風合いなど、多くの種類の生垣を知ることができますよ。

今回私は訪れませんでしたが、他にハイキングコースもあるのです。

これからの季節は紅葉も進んでくるので、自然豊かな鎌倉を味わいに、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

鎌倉中央公園
住所:神奈川県鎌倉市山崎1667
アクセス:JR横須賀線・湘南新宿ライン「鎌倉駅」西口「市役所前」バス停よりミニバス乗車30分「鎌倉中央公園」下車
開園時間:8:30-17:15
電話番号:0467-45-2750

※営業時間、開園・閉園時間、定休日など、変更となる場合がございますので、ご利用前に施設へご確認ください。