寒い季節はコレ! 鎌倉・稲村ヶ崎の足湯で、のんびりほっこりしよう

皆さん! このご時世、リモートワークだの、おうち時間だのと、
歩く機会が減って、カラダがなまっていたりしませんか?

人は動かなくなると筋肉量が減り、その分脂肪が増えてしまうのだとか。
それに、同じ姿勢を取り続けていると肩凝りや首凝り、腰痛、
猫背や巻き肩の原因になったりもします。

でも、おうちにいるだけではなかなか運動している実感が得られない……。
そんな時はちょっとだけ外に出て、カラダを動かしましょう!
感染はもちろん不安ですが、
生活習慣にはなるべく運動を取り入れてと言っている
お医者様もいらっしゃいましたので、
ぜひ対策は万全に、短時間でいいのでお外でカラダを動かして、
たまには自分をいたわってあげてくださいね!

かくいう私のステイホームの過ごし方は、
朝晩の室内ストレッチ&食事の摂生、そして大好きなお散歩!

私は鎌倉に来てから歩くことが好きになったと
これまで何度かお伝えしてまいりましたが、
そのおかげでしょうか、なんとか体重も平常時をキープ!

……といっても、もともと痩せていたわけでも、
特段スタイルが良いわけでもないので、
健康のために、もっと運動量を増やそうかなと検討中です。

なにせリモートワークなら移動時間ゼロなのですから、
いつもより2、3時間余裕があるわけです。
これは本当にありがたい限り!

鎌倉から東京方面に出るにはだいたい1時間前後かかりますから、
自由になったその時間を上手く利用することが
今の私の心のゆとりにつながっています。

決して楽観視しているわけではありませんが、
長引くウィズコロナ時代、そんなふうに少しでも
気持ちをポジティブに変換していかないと正直やっていられない……
という感じでしょうか(苦笑)。

さて、前置きが長くなりましたが
「そんなふうに頑張っている自分にご褒美を!」と、
本日はとある場所へお出かけ。
それがこちら、海が見える日帰り入浴施設「稲村ヶ崎温泉」さんです。
このあたりを訪れたことがある方なら、おそらくご存じですよね!

歩き疲れたら、絶景露天風呂でホッとリラックス!

ここ稲村ヶ崎温泉は、かなり前の「エスプレッソ」でもご紹介しているとおり、
2000年に井戸を掘っていたところ見つかった温泉で、
2005年に日帰り入浴施設としてオープン。
海岸沿いにそびえる温泉として、地元民から観光客まで
幅広い層に今も人気のスポットです。

そんな稲村ヶ崎温泉も、実は2017年に2階部分をリニューアル!
ますます眺望にこだわった絶景露天温泉へと進化しました。

ちなみに、こちらの泉質は
殺菌効果の高い松の有機質成分を含む「モール泉」。
“殺菌効果”とか言われてしまうと、
今の時代はつい反応してしまいますよね〜。

ドリンク片手に、足湯でのんびりまったり

さらにさらに!
よくご近所をフラついている私もまったく気づかなかったのですが、
なんと1階テラスに足湯までできているではあ〜りませんかっ!

「な、なんじゃこりゃ〜!」

1階は、確か併設レストランのテラス席だったはず……。
なのに、その一角をひっそりこっそり改装して、
いつの間にやら「足湯カフェ」なるスペースへと生まれ変わっていたのです。

驚いて思わずのぞき込むと、ほんわ〜り湯気が……。
ああ、あったかそう〜。

外にある看板を見ると、どうやら1階の併設レストラン「MAIN」で
注文したドリンクをいただきながら、足湯が楽しめてしまうようです。
しかもタオル付きのセットなので、思い立った時にフラッと立ち寄りやすい!
これはお散歩や山歩き、ウォーキングでひと息つきたい時に便利です。

古の頃、砂鉄や砂金が採掘されていたといわれる稲村ヶ崎海岸周辺。
なんと、あの名刀政宗も、ここで採掘された
砂鉄が使われたという説もあるのだとか(へえ〜、知らなかった)。

稲村ヶ崎海岸の砂浜に磁石をスーッとなでつけると、
今も砂鉄がくっついてくることがあるそうですが
(試したことはありませんが……)、
この稲村ヶ崎温泉に「黄金の湯」と添えられているのは、
温泉の湯色が褐色がかった黄金色で、
時折、砂鉄や砂金が混じっていることもあるからなのだとか。
ということは、この足湯にも砂金が入っているの……かも!

ということで、皆さんも砂金目当てに……いえいえ、
おうち時間で疲れた心身リラックス目当てに、
お近くへお越しの際はぜひ、稲村ヶ崎温泉に立ち寄ってみてくださいね(笑)。

鎌倉 黄金の湯 稲村ヶ崎温泉
住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-16-13
アクセス:江ノ島電鉄「稲村ヶ崎」駅より徒歩3分、国道134号線沿い、稲村ヶ崎公園前すぐ、駐車場完備
TEL:0467-22-7199
営業時間:9:00〜21:00(最終受付20:00)
定休日:年中無休