希少な山形豚のとんかつをいただける、逗子駅近の創作和食ダイニングのランチ

JR逗子駅の東口は、スーパー、銀行、ドラッグストアなどが建ち並び、にぎわいを見せています。そんな中、雨が降っていて傘がなくても、駅から走って行ける距離にある創作和食ダイニングがあります。

逗子駅から一番近い場所にある居酒屋、「縁」と書いて「えにし」。

その居酒屋がランチ限定でとんかつ定食を提供しているので、紹介しますね。

駅前でひときわ目を引く古民家ダイニング

逗子駅東口を出て右手、線路沿いに歩くとスターバックスコーヒーが見えます。その反対側に「縁~ENISHI~」があります。古民家を改装したという外観。

歩いていても、外から落ち着いた雰囲気が伺えます。外からカウンター席が見えるので、ちらっとのぞいて行かれる方も多いんです。

モダンな雰囲気の店内

駅の喧噪を離れ一歩店内に足を踏み入れると、木のあたたかみを感じる、落ち着くインテリア。カウンターは6席ですが、奥にはテーブル席や2階席もあり広々としています。

店のロゴマークは、3つの輪が交わりあっています。いろいろな人が交わる「縁」の意味合いがあるのでしょうか。シンプルですが、印象的です。

11時30分からとんかつランチ営業もスタート

どちらかというと夜のイメージが強い同店。しかし昨年夏の緊急事態宣言が解除されたのちに、とんかつを提供するランチ営業が始まりました。

平日の13時過ぎに訪問。他にお客さんがいない様子で、ランチタイムの波がひと息ついたところかな、と思っていたら、次から次へとお客さんが!はじめての方や、近隣の常連さんたちでにぎわっていました。

昼のメニュー。本格的なとんかつ屋さんのようなラインナップです。

あ、生ビールもあります!昼飲みもできるようです。

この日はヒレかつ定食をオーダーいたしました。

ご飯、みそ汁、キャベツは1回までおかわり自由といううれしいサービス。

小鉢は和風ダイニングらしく、しっかりした味付けでした。

そしてメインのヒレかつ。

ここのとんかつは、たいへん希少で上質な”認定山形豚”を使用しています。衣がサクサク、油っぽさは感じずとても軽い食感。お肉もとろけるくらいやわらかい!ご飯を半ライスにしていただこうか迷いましたが、あっという間に完食でした。

最後にデザートをオーダー。季節のシャーベット、この日はゆず風味。お口直しにちょうど良い甘さ、サイズでした。

隠れ家的な空間で、夜は落ち着いて飲む

実は夜に何度か足を運んだことがあるのですが、夜のメニューもオススメです。駅から近いのでちょっと一杯!、が楽しめるのもここのお店の良いところです。

こちらは月替わりのメニュー。アルコールは、日本酒・焼酎が合いそうですね。もちろん、ワインやウイスキーなどのメニューも豊富です。

達筆すぎて少し読みにくいのですが(笑)、こちらが定番メニュー。

ちょっと一杯のハーフサイズのつまみから、ガッツリ〆のメニューまで、とにかく鮮度にはこだわりがあります。

古民家をうまくリノベーションされていて、座敷やソファー席、個室もあり、一度行ったらまたあそこでゆっくり飲みたい!と思わせるそんな空間なんです。

こんなおしゃれな創作和食ダイニングのとんかつランチ、気になってきましたでしょうか?今回はとんかつをメインに紹介しましたが、駅近ですので、昼夜問わずぜひ足を運んでみてくださいね。

ENISHI~縁~
住所:神奈川県逗子市逗子1-2-7
アクセス:JR横須賀線 逗子駅東口 徒歩1分
営業時間:ランチ:11:30-14:30(LO14:00)/ディナー:17:00-24:00(LO23:00)
電話番号:050-5456-6093
定休日:木曜日