開放感たっぷり!辻堂駅から歩ける広場「チャレンジパーク赤松」

近年進化を遂げる辻堂駅の中でも、地域の活性化に力を入れている赤松町。

「赤松町地区開発」というプロジェクトのもと、

茅ヶ崎市と地域住民により町の開発が進められています。

そんな赤松町の周辺を散歩すると、広場のような公園ができていたので足を運んでみました。

閑静な住宅街に開放的空間

辻堂駅西口から茅ヶ崎方面に歩くこと約5分。

ショッピングモールがある駅前と比較すると、静かで穏やかな時間が流れています。

レストランや大きな薬局を超えると大きな広場が見えてきます。

この広場が「チャレンジパーク赤松」です。

チャレンジパーク赤松は、旧パナソニック工場の跡地に作られ、

2018年4月に開設した比較的新しい広場。

チャレンジパーク赤松とつながる形で、隣には赤松どんぐり公園が併設されています。

閑静な住宅街に広がる大きな広場を目の前にすると、開放的な気分になりますね。

さっそく踏み入れてみると・・・

養生中の芝を見て自然をお勉強

広場には、芝生エリアと砂地エリアの2種類があるようです。

芝生エリアでは、ちょうど養生中の芝を見ることができました。

地場によって成長度合いが異なっていました。芝がどうやって成長していくのか、

お子様と一緒に観察してみるのも楽しいかもしれませんね。

芝のすぐそばには、大きなベンチがあります。

真四角な大きめのスペースは、ベンチというより、

そこでお弁当を広げたり荷物を置いたり、幅広い使い方ができそうですね。

日よけもついているので、日差しの強い日でもゆっくりと休憩ができます。

子供たちにとっては鬼ごっこや泥警などで遊ぶ時に回り込んだり、

乗り越えたり、そんな障害物として活躍してそうです。

走り回れる砂地エリア

砂地のエリアは遊具などがないシンプルな作りです。

障害物がなく、かけっこやサッカーなどをするのにピッタリですね。

小さな公園とは違って、フェンスも備え付けられているので、

お子様のボール遊びも安心です。小さなお子さんが走り回るから目を離せない、

というお父さん、お母さんもこの中であれば、安心して遊んばせることができますね。

砂地エリアにはベンチが多く設置されていて、混んでて座れない、ということも少なそうです。

ママは隣接のカフェで談笑しながら、子供を遊ばせておくことも

チャレンジパーク赤松には「辻堂西口YU-ZUルーム」という

コミュニティスペースが隣接しています。建物内にはキッズスペースがカフェがあり、

カフェにはテラス席があります。子供たちは公園で遊んで、

その姿を見ながらママはテラス席でカフェを楽しむ、という使い方もできますね。

町の人々とふれあうイベントも

チャレンジパーク赤松では、この広さを活かし、夏には納涼祭や盆踊り、

出店などのイベントが開催されています。(2020年は現時点で開催未定)

世代を超えて、地域の人々と交流できる場所や機会は減ってきているので、

再開発されたエリアでこうした催しが開催されることは、素晴らしいことですね。

駅から近く、お子様を安心して自由に遊ばせることができる「チャレンジパーク赤松」。

お子様のいるご家庭には安心で便利な施設ですので、ぜひ新しい遊び場として足を運んでみてください。

チャレンジパーク赤松

住所:神奈川県茅ヶ崎市赤松町13

交通:JR東海道線 辻堂駅西口 徒歩5分

エリア&駅

神奈川県 茅ヶ崎市 赤松町 JR東海道本線(東京~熱海) 辻堂