古民家で桜を楽しむ♪

枝垂れ桜が見頃をむかえている藤沢市民会館前、旧近藤邸の前庭です♪
ピンクの濃淡が青空に映え、見上げると今にも花びらがこぼれ落ちてきそうです。
旧近藤邸は大正時代に建てられた当時の和洋折衷の代表的な建物で国登録有形文化財に登録されています。
旧近藤邸を設計した遠藤新は、帝国ホテル(旧館)の設計で知られるアメリカの建築家で近代建築巨匠の一人であるフランク・ロイド・ライトの日本での一番弟子だった方で、こちらの旧近藤邸はもともと辻堂海岸にあった近藤賢二氏の別荘だったものを移築したのですが、他にも葉山の加地利夫邸などで遠藤新作の建築を見ることができます。
暖炉を中心とした居間とモダンな和室など、遠藤新氏が目指した、日本の風土に適した味わいのある歴史的建造物から見る桜はまたひとしおです!
こちらは現在一部をレストランとしても営業しています。
10570445_865979763498234_2480108123153058834_n
藤沢市鵠沼東  最寄駅:JR東海道線「藤沢」駅。

湘南で家さがしならこちら

コメントを残す