顔を残す❀

見てください!
ハリウッドのレッドカーペットさながら、自然界のピンクのカーペット笑
久しぶりに良く晴れた一日。
こちらは海を見下ろす高台の住宅地、片瀬山の散歩道。
風が強いと全部舞ってしまうし、風がまったくないと花びらが散らないし、こんなにきれいな桜の花びらの絨毯を見ることができるなんて運がいい一日です。
桜が美しいのは、桜そのものの美しさのほかにも周りに及ぼす美しさがあるからだなとしみじみ思う今日この頃。
先日、民踊の先生にお話を伺ったときに、踊りの中に体は動き始めているけど’顔を残す’という所作を教えていただきました。
顔だけは最後まで残すことによって、お客様を置いていかない、印象付けるなど効果があるようですが、これは日常生活の挨拶などでも使えるそう。
「こんにちは」などの挨拶を交わす際に顔を残すことによって、より良い印象を与える効果があるとの事。
同じ挨拶でもここまで印象が変わるのかとはっとさせられましたが、昔ながらの日本の踊りの所作の美しさと桜が残す花びらの美しさ、なんとなく共通するものがある気がしませんか。
17880575_1557188017710735_1484970645773784719_o
藤沢市片瀬山  最寄駅:湘南モノレール「片瀬山」駅。

湘南で家さがしならこちら