米農家さんへの愛を感じる!鎌倉で今なお人気の老舗米店「笹屋」

昔ながらのお米屋さんというと、どんなお店を思い浮かべるでしょうか?

今はほとんどの人がスーパーでお米を買う時代。ビニール袋にパッキングされた米袋しか見たことがないという方もいるのではないでしょうか。

鎌倉には個人商店が多く、古くからあるお米屋さんも比較的多く残っています。

その中でも笹屋は、若い世代にも人気があり今なお活気がある珍しいお米屋さんです。

大正2年創業!今なお客足が途絶えない老舗米店

鎌倉の有名な大通りである由比ヶ浜大通り沿いに、笹屋は店を構えています。

とても明るくデザインされた、今風の店構え。積み上げた米俵のデザインがステキですね。
さすが人気店は今風でオシャレです。

笹屋は大正2年創業の老舗にも関わらず、今なお客足が途絶えません。

私は普段からこの笹屋でお米を買っているのですが、ここを紹介してくれたのは30代のママ友です。
他に何人もの同世代のママたちが、笹屋を利用しているという話を聞いたこともあります。

老舗の米店と聞くと年配のお得意様が客層のようなイメージがありますが、笹屋の客層は必ずしもそうでなく、比較的若い方にも人気なのです。

お米を買いに行くと、すでに他のお客さんがいることもしばしばです。
お米屋さんに並ぶことがあるなんて、人気がある証拠ですね。

ワンランク上の品質!丹精こめて育てられたお米

店内に入ると、ガラスのショーケースが目の前に並んでいます。

どのケースにも玄米が入っています。
一粒一粒が、なんだかつやつやしていて立派です。

商品プレートには「有機米」「自然栽培米」といった文字が並びます。
丹精こめて農家さんが作ったお米なのですね。

ケースに入ったこれらのお米は、量り売りになっています。

店の奥には、5キロや2キロ入りの米袋が品種ごとに並んでいます。

米袋は、スーパーで売られているようなビニール袋ではなく、茶色くてしっかりした紙の袋になっています。
なんだか、こんな袋に入っているだけでおいしそうに感じますね。

それぞれの商品プレートには「化学肥料0」「農薬5割減」といった表示がされています。

「おやじの米」というコーナーが、ひときわ目を惹きました。

生産者さんの顔写真つきで、お米についての丁寧な紹介文が添えられています。
吸水が早くやわらかで、冷めてもおいしくいただけるお米なのだそうです。

小さなパックて買うこともできるので、味見用に買ってみるのも良いと思います。

精米はお好み次第!分づき米にもできる

米袋の中身は玄米で、希望に応じて精米してくれます。
白米はもちろん、7分づき、5分づき、3分づきに精米することもできます。

レジ横にある大きな精米機で、その場で袋を空けて精米してもらえるので、買ったその日に精米したてのおいしいお米をいただくことができるのです。

精米する様子を見るのも楽しみの一つです。
よく幼い息子を連れてお米を買いに来るのですが、精米機からお米がザ-ッと出てくる様子を、息子は食い入るように眺めています。

お米は配達もしてくれるので、時間がない時や重い荷物を持てない時など、とても便利ですね。

お米だけじゃない、良質な瓶入り蜂蜜も!

笹屋で取り扱っているのは、お米だけではないのです。

店内に入って左手の棚には、瓶に入った蜂蜜がズラリ!

店主の奥さんのご実家が蜂蜜を取り扱っていて、そこの商品も笹屋で買うことができるそうです。

キラキラと金色に輝き、とてもおいしそうです。

天井には大きな蜂の巣がかざってあります。

私はアカシアの蜂蜜を買ってみました。スッキリとした甘味でくどくなく、とてもおいしい蜂蜜でした。もうスーパーの蜂蜜には戻れないかもしれません。

お米も蜂蜜も、とても良いものを大切に販売しているという印象でした。

普段はついつい忘れがちな、農家さんが丹精こめて作ってくれたという思いを、このお店に来ると思い出せるのです。

そんな雰囲気も感じてほしくて、子どもを連れて買いに来たくなる、そんなお店なのです。

みなさんも、そんなステキな笹屋に毎日食べるお米を買いに来てみてはいかがでしょうか。

笹屋
住所:神奈川県鎌倉市由比ヶ浜1丁目12-1
アクセス: 江ノ島電鉄「和田塚駅」から徒歩3分
営業時間:8:30-18:30
電話番号:0120-057-338
定休日:日祝日(夏季冬季休暇あり)