逗子のこだわりパン屋さん「オーブンズ」

前々から気になっていた、逗子久木周辺。

静かな住宅街の中に、知られざる名店があるらしいのです。

地元の方々に深ーく愛されている「オーブンズ」に行ってきました。

JR横須賀線「逗子駅」西口(久木方面)から、県道205号線を西に直進、「読売新聞販売店」の角を右折、止まれの先の角を左折してすぐ。

駅から徒歩9分、車なら3分ほど。

左手に駐車場があります。

すっきりステキなお店が目の前に!

駐車場の向かいが、「オーブンズ」です。

白い壁と茶色の木枠のコントラストが、美しい店構え。

草木の緑もきれいに映えます。

期待に胸を膨らませて、ドアを開くと。

何ということでしょう!パンがありません

アルコール消毒をして、店内奥を眺めました。

パンが、ほとんどありません。

お昼12時を過ぎたばかりです。

思わず、腕時計を確認してしまいました。

奥から、奥様があたふたと出て来られ…。

「申し訳ありません。週末は、売り切れる時間が読めなくて」

「平日は、こんなことはないのよ。本当にごめんなさい」

何度も丁寧に謝ってくださいます。

人柄の良さが滲んできて、こちらが恐縮してしまいました。

他にもうお客さんがいなかったので、ゆっくりお話を伺うことができました。

パン屋さんの毎日って?

パン・ケーキ屋さんは、23年連続「女の子の就きたい職業」(クラレ調査)人気ナンバーワンです。

誰もが、一度はあこがれるパン屋さん。

実態は、苦労の連続だそうです。

朝3時半には、厨房に入ります。

成型し焼き上げて、朝8時にはお店を開きます。

夕方6時閉店後は、お店の消毒、明日の仕込み等が、夜までかかります。

休みの日も、研究と仕込み、とのこと。

20年を超えて、ご夫婦共にパンと共に生きておられます。

妥協をしないで、作り続けています

お店を経営していると、さまざまな新材料の話(今や、添加物等加えれば、いつまでもフワフワな製品もできるそう)等が、次から次へと舞い込むそうです。

でも、パンの味は、本当に繊細で正直。

ご主人は、今日も材料・製法にこだわり、手間を惜しまずにパンを作り続けています。

11時に焼きあがったばかりの「フランスパン」ですが、残り5つ。

「バゲット」(税込270円)、「バタール」(税込270円)、「フランスパンバリエ」(税込270円)。

頑固者の作る、小麦の香りも芳醇なパンたちです。

「くるみとレーズン」「バタール」とおまけの「食パン」

私は、「くるみとレーズン」(税込320円)と「バタール」を買いました。

「くるみとレーズン」は、ぎっしりくるみとレーズンが詰まっています。

クリームチーズを添えて、ワインに合いそうです。

「バタール」は、お昼の調理用に。

「食パン」は、売り切れのおわびに、といただきました。

食べてみたかったので、とてもうれしいサービスでした。

甘くない正統派、ふんわり食感で、翌日、サンドウィッチにしましたよ。

今日のお昼にさっそく使ってみました

本日のランチは、「バタール」を軽く焼いて、卵・ハムサンドとエビ・アボカドチーズサンドにしてみました。

パリッサクッ感が、尋常じゃなかったです!

売り切れてしまうのも納得のお味でした。

電話をすれば、どの商品も取り置きができます。

週末は、必ず、電話予約をしてから行きましょう。

次回は、オープンすぐに伺って、たくさんの商品情報をお届けしますね。

オーブンズ
住所:神奈川県逗子市久木3-11-2
アクセス:JR横須賀線「逗子駅」より徒歩約10分 
電話番号:046-872-1352
営業時間:8:00~18:00(売り切れ次第、閉店の場合あり)
定休日:水・木(第3水曜日10:00~ドーナツフェアあり)
    

エリア&駅

神奈川県 逗子市 久木 JR横須賀線 逗子