2021年オープン!茅ヶ崎の「Yummy bake」で焼き菓子を

2021年10月、茅ヶ崎のひばりが丘に新たなお店ができたという噂が。

なかなか行けていなかったのですが、ようやくお邪魔することができました!

味はもちろん、とてもステキな空間でしたのでご紹介したいと思います。

黄色いドアが目印!やさしいオーナーさんが迎えてくれる

JR茅ヶ崎駅とJR辻堂駅の中間ほどの場所に位置するのが「Yummy bake(ヤミーベイク)」。

やさしい色味の黄色いドアが目印です。

「Yummy bake(ヤミーベイク)」は、オーナー夫婦で営む焼き菓子店。

「できるだけシンプルに」をモットーに、素材にもこだわったお菓子を作っています。

また、お客さまへおいしいお菓子を届けるのはもちろんのこと、小麦やフルーツなど、素材にも感謝して、最高の状態で提供する、という想いを込めているとのこと。

オーナーさんのお菓子に対する情熱と、思いやりの心を感じました。

店内に入ると、甘いいい香りが…!

ウッド調で統一された店内にはドライフラワーなどの装飾もしてあり、かわいらしい雰囲気でした。

タイミングが合えば、店内奥でお菓子を作っている過程も見られるかもしれません。

馴染みのあるものからめずらしい焼き菓子まで、ずらりと並ぶ

店頭には、端からずらっとお菓子が並んでいました。

焼き菓子の定番である「アメリカンクッキー」や「ブラウニー」、あまりほかのお店では見られない「ルバーブのタルト」などのめずらしいお菓子も。

冷蔵のエリアには、「チーズケーキ」や「ガトーショコラ」、「マンゴープリン」などもラインナップされていました。

どれも大きめサイズで、ボリューム感たっぷり!

手土産としても喜ばれそうです。

サクサクふわふわ!初めてのポップオーバー

みなさんは、ポップオーバーというお菓子をご存じでしょうか。

私は知らず、「Yummy bake(ヤミーベイク)」で初めてお目にかかりました…!

アメリカ生まれのポップオーバーは、卵や小麦を使ったシュークリームのようなサクサク生地が特徴的。

中はふわふわとしたパンのような食感です。

説明を聞いて気になったので、早速買ってみることに。

マフィンの型に入ったポップオーバーは、少し硬めのシュークリームのような生地でした。

私は「カスタード」をチョイス!

軽そうな見た目とは裏腹に、持ってみるとかなりのずっしり感がありました。

カットしてみると、中にはカスタードクリームがたっぷり!

サクサクの生地にふわふわな中身、濃厚なカスタードクリームが合い、やみつきになるおいしさです。

バニラビーンズが効いたカスタードクリームは甘すぎず、食べごたえがありながらもペロリと食べられました!

この日販売されていたポップオーバーは、「プレーン」や「カスタード」といったものでしたが、Yummy bake(ヤミーベイク)では過去に「Pop over fes」というものをお店で開催しています。

そこでは、フルーツ入りのものやレアチーズ味、ツナやハムが入ったお食事系まで、バリエーション豊富なポップオーバーが並ぶそうです。

「Pop over fes」は不定期なので、気になった方は問い合わせてみてくださいね。

ほかにもまだまだ食べたい焼き菓子がたくさんあったので、また近々足を運びたいと思います!

Yummy bake(ヤミーベイク)
住所:神奈川県茅ヶ崎市ひばりが丘2-1 シェルボ茅ヶ崎102
アクセス:JR東海道線・JR相模線 茅ヶ崎駅より徒歩約20分/JR辻堂駅より徒歩約29分
電話番号:0467-73-8419
営業時間:8:00-17:00
定休日:水曜日・第1、第3日曜日